最新!  豊田通商がイセ食品に出資 イセグループは国内生産倍増へ(ニュース-2018.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2018年04月27日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


変動要因の多い今年の卵価を占う

2018.01.05発行
 平成29年の鶏卵相場(東京・M加重)は、ひなえ付け羽数が26年から4年続きで増加する見込みとなり、特に29年は東日本を中心に増加が目立つ中、生産量も微増が予想されたものの、消費は家庭向けはほぼ横ばいで推移した一方、ゆで卵などの加工品や小玉の需要が増加したことなどから、年間では4年連続で200円台を維持し、前年を約2円上回る207円となった。平成30年については、年初に配合飼料価格が値上がりすることになり、鳥インフルエンザ(AI)の脅威も続いている。さらに、今後のひなえ付け羽数、生産動向、輸入動向、消費動向など、不透明な部分が多い中で、鶏卵業界の有識者の方々11人に平成30年の卵価を占っていただいた(11人の年間平均は203円)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。