最新!  「TPP11協定」大筋合意 鶏卵・鶏肉の関税撤廃 12か国TPPの範囲内(トップ記事-2017.11.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計   JA全農たまご(鶏卵相場)   おくやみ 

2017年11月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧 訪問者数 
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計

 マーケット
 JA全農たまご(鶏卵相場)
 農林水産省
鶏卵市況情報
 農林水産省
食鳥市況情報

 コミュニティー
 おくやみ


新聞購読の申し込み




食の安全

健康食品




























[PR] 翻訳・技術翻訳
トップ記事

「TPP11協定」大筋合意 鶏卵・鶏肉の関税撤廃 12か国TPPの範囲内
(2017.11.25)
  米国を除く環太平洋連携協定(TPP)参加11か国による「TPP11協定」が大筋合意した。....

島根県の野鳥/韓国のアヒル 高病原性AIウイルス検出
(2017.11.25)
  2017(平成29)年の渡り鳥シーズンを迎え、養鶏・家きん業界は高病原性鳥インフルエンザ(....

食品衛生法を改正 厚労省が通常国会に提出へ
(2017.11.25)
  厚生労働省は、食品の衛生基準などを定めた食品衛生法について、2018年度通常国会で改正案....

>> 過去のトップ記事





鶏鳴新聞のfacebookページも更新しています

【更新情報】

▼11月25日号の記事を更新しました(11月24日)

▼11月15日号の記事と、統計の「ひなえ付け羽数」「全国1世帯当たり家計調査」「鶏肉関係の輸入実績2017」「鶏卵関係の輸入実績2017」「鶏肉・鶏卵関係輸出実績2017」を更新しました(11月15日)

▼11月5日号の記事を更新しました(11月6日)

▼統計の「2017年の月平均鶏卵相場と食鳥相場」「2017年鶏卵相場予想一覧表」「2017年食鳥相場予想一覧表」「昭和60年以降の卵価の推移」「昭和62年以降の食鳥相場の推移」を更新しました(11月1日)

▼統計の「主要国の1人当たり鶏卵消費量」を更新しました(9月26日)




▼たまごのうた「たまごでげんき」(YouTube)

日本養鶏協会
日本食鳥協会



                           

     
           「カルスポリン」
       ホームページへようこそ!!


  アサヒカルピスウェルネス鰍フ飼料添加物
 「カルスポリン」のホームページの紹介です。
 フラッシュを使用したアニメーションにて「カル
 スポリン」をわかりやすく説明しています。
  飼料畜産関係の方には、技術情報、文献な
 どの専門情報を提供しており、幅広い皆様に
 「カルスポリン」について理解していただけま
 す。
  「カルスポリン」に関する詳しいお問い合わ
 せは、アサヒカルピスウェルネス且迫ソ事業
 部(電話:03−6412−3310、またはお問い合
 わせフォーム
)へ。



 
ニュース

日本チャンキー50周年 日本のブロイラー産業の発展支える
(2017.11.25)
  今年6月20日で設立50周年を迎えた鞄本チャンキー(吉田忠司社長―本社・岡山市北区桑田....

会長に平野氏 日本飼料工業会
(2017.11.25)
  (協)日本飼料工業会は、久光正郎会長の辞任に伴い、11月16日に臨時総会と理事会を開き、....

日本の動物薬事業会社を統合 ベーリンガーインゲルハイムグループ
(2017.11.25)
  ベーリンガーインゲルハイムジャパン梶iトーステン・ポール社長―本社・東京都品川区)は....

>> 過去のニュース


 
特集

存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題
(2017.10.15)
  古くは古事記や万葉集に登場し、平安時代の書物にも肉の調理法が残されているウズラ。野生....

現代によみがえる『卵百珍』 国立情報学研究所と国文学研究資料館がレシピを順次公開中
(2017.08.25)
  国立情報学研究所(喜連川優所長―東京都千代田区)と国文学研究資料館(ロバート・キャン....

鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き
(2017.07.25)
  鶏鳴新聞は、昭和30(1955)年5月15日に「卵と鶏の新聞」として創刊され、今年7月5日号で2....

>> 過去の特集


新製品

鶏舎屋根に太陽光発電を設置 養鶏業界の課題解決に取り組む 加茂川啓明電機が提案
(2017.11.25)
  「活力bP企業」をビジョンに掲げて産業システム機器やアグリ・バイオエネルギー、環境シ....

「バイオテックス飼料用」の包材を一新 日本バイオテック
(2017.11.25)
  鞄本バイオテック(杉田光司社長―本社・東京都文京区根津1−1−14)は、畜産業界に販売....

ナベルケースパッカー『SMART Cube CP』開発 卵パックを自動で箱詰め
(2017.11.15)
  潟iベル(南部邦男社長―本社・京都市南区西九条森本町86)は、卵パックを配送用の段ボー....

>> 過去の新製品




ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は(株)鶏鳴新聞社に属します。