最新!  ナベルの卵質測定装置「DET6000」 出荷台数300台突破(新製品-2016.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計   JA全農たまご(鶏卵相場)   おくやみ 

2016年07月30日(土) 記事検索    過去の記事一覧 訪問者数 
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計

 マーケット
 JA全農たまご(鶏卵相場)
 農林水産省
鶏卵市況情報
 農林水産省
食鳥市況情報

 コミュニティー
 おくやみ


新聞購読の申し込み




食の安全

健康食品




























[PR] 翻訳・技術翻訳
トップ記事

鶏卵・鶏肉の消費拡大へ 種鶏輸入のコンパートメント確立も
(2016.07.25)
  日本は人口減と高齢化が最も進んでいる国の一つであり、養鶏産業においても消費減退や人手....

ブロイラーひな需給 やや不足気味
(2016.07.25)
  (一社)日本種鶏孵卵協会(山本満会長)は7月6日にブロイラー、7日にレイヤーの種鶏導....

レイヤーひな需給 不足気味で推移
(2016.07.25)
  全国のレイヤー孵卵場24場から集計した平成28年(1〜12月)の種鶏導入計画羽数は107万7477....

>> 過去のトップ記事





鶏鳴新聞のfacebookページを作成しました

【更新情報】
▼7月25日号の記事を更新しました(7月25日)







▼たまごのうた「たまごでげんき」(YouTube)

日本養鶏協会
日本食鳥協会



                           

     
           「カルスポリン」
       ホームページへようこそ!!


  アサヒカルピスウェルネス鰍フ飼料添加物
 「カルスポリン」のホームページの紹介です。
 フラッシュを使用したアニメーションにて「カル
 スポリン」をわかりやすく説明しています。
  飼料畜産関係の方には、技術情報、文献な
 どの専門情報を提供しており、幅広い皆様に
 「カルスポリン」について理解していただけま
 す。
  「カルスポリン」に関する詳しいお問い合わ
 せは、アサヒカルピスウェルネス且迫ソ事業
 部(電話:03−6412−3310、またはお問い合
 わせフォーム
)へ。



 
ニュース

厚労省がカンピロ食中毒予防でQ&A 「十分な加熱」を強調
(2016.07.25)
  厚生労働省は6月2日付でカンピロバクター食中毒予防についてのQ&Aを公表。知見の進展に....

あおもりたまごかけごはんまつり 魅力ある『青森たまご』が大集合 たまごクイズも実施
(2016.07.25)
  こだわりの『青森たまご』を使った「たまごかけごはん」がその場で味わえる『あおもりたま....

中部飼料グループのダイコク「畜産動産総合保険」を展開 『もしも』を『安心』に変える保険を提案
(2016.07.25)
  中部飼料グループの総合保険代理店として49年の歴史がある潟_イコク(五藤義隆社長―本社....

>> 過去のニュース


 
特集

今年上期の鶏肉需給と下期の価格見通し
(2016.07.25)
  今年前半(1〜6月)の鶏肉相場(日経・東京)は、国内は年初を除いて順調な生産が続き、輸....

今年上期の鶏卵需給と下期の見通し
(2016.07.25)
  今年前半(1〜6月)の鶏卵相場(JA全農たまご東京Mサイズ加重平均)は、年初や梅雨入り....

3・11大震災から5年 オオガキの大柿純一社長に聞く
(2016.03.15)
  東日本大震災の発生から5年。被災地は依然、復旧・復興への途上にあり、多くの企業や人々....

>> 過去の特集


新製品

ナベルの卵質測定装置「DET6000」 出荷台数300台突破
(2016.07.25)
  潟iベル(南部邦男社長―本社・京都市南区西九条森本町86)は、2008年に販売を開始した「....

ナベルが印字機能付き『エコたまラベルシューター』発売
(2016.07.15)
  潟iベル(南部邦男社長―本社・京都市南区西九条森本町86)は、7月1日から「日付印字機能....

ワクモ駆除剤「エコノサド」 日本イーライリリー/エランコジャパンが発売
(2016.07.15)
  日本イーライリリー潟Gランコアニマルヘルス事業部(本社・神戸市中央区)とエランコジャ....

>> 過去の新製品




ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は(株)鶏鳴新聞社に属します。