最新!  九州北部豪雨乗り越えた養鶏家 大分県豊のしゃも生産者協議会・奈良祝伸代表理事に聞く(特集-2018.04.05)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2018年04月22日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


新しいタイプのH5N6亜型 韓国のアヒル農場と島根県の野鳥

2017.12.15発行
 韓国の農林畜産検疫本部は、11月17日に全羅北道高敞郡の肉用アヒル農場で発生したH5N6亜型高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)ウイルスの遺伝子分析の結果、2016年末にヨーロッパで流行したH5N8亜型ウイルスと、ヨーロッパの野鳥の低病原性AIウイルス(H3N6亜型)が組み換えられた、新しいタイプのH5N6亜型ウイルスであると発表した。
 また、鳥取大学は11月28日、島根県松江市で回収されたコブハクチョウの死体から分離されたH5N6亜型HPAIウイルスの遺伝子分析の結果、昨シーズンの国内流行株とは由来が異なり、昨シーズンにヨーロッパなどで流行したH5亜型のウイルスと、ユーラシアに広く分布する野生水禽由来のN6亜型ウイルスとの遺伝子再集合体でああると発表した。今シーズン、新たに国内に侵入したものとみられる。
 鳥取大学では引き続き、他の国内分離株や韓国分離株の遺伝子を比較解析するとともに、ウイルスの抗原性についても詳細に解析するとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。