最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月23日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


岩村養鶏 設立55周年で記念式典と祝賀会

2017.10.25発行
 「安全で安心な雛づくり」をモットーに、良質な岩村のヒヨコ≠全国の鶏卵生産者に供給している岩村養鶏梶i本社・新潟県新発田市住吉町2−6−23)は、昭和36年の会社設立から55周年を迎えたことから、10月12日に新発田市月岡温泉の白玉の湯華鳳で設立55周年記念式典と祝賀会を開き、400人を上回る取引先関係者や従業員らが出席して祝福した。
 記念式典であいさつした岩村忠衛会長は、多数の出席者に謝意を表し、「わが社は大正10年に祖父の忠作が岩村農場として創業した。近隣の農家相手の小さな孵化場であり、1年に365個の卵を産む鶏を改良しようと日夜頑張っていた。その後、父の忠太が昭和36年に岩村養鶏を設立し、国産鶏から外国鶏にシフトして孵化場に専念して、安全・安心な岩村のヒヨコ≠全国にお届けするよう努力してきた。
 その間には様々なことがあり、特に我々孵化場の生命線になる鶏種の選択と鶏病については、決して順風満帆ではなかったが、本日このように55周年を迎えることができたのは、皆様方のお陰と社員一人ひとりの努力の賜物であると感謝している。これからも採卵用雛づくり一貫のヒヨコ屋として養鶏業界を歩んでいく所存である。今まで以上によろしくお願い申し上げる。
 私は9月18日に70歳になって社長を退任し、息子の忠輔が社長に就任した。まだまだヒヨコである。どうか皆様方のご指導ご鞭撻を切にお願い申し上げる」と述べた。
 多数の来賓を代表して新発田市の二階堂馨市長、潟^カムラ鶏園の高村庄治代表取締役、ローマン・ティアツクルト社のハビエル・ラミレス社長が祝辞を述べた。
 二階堂市長は「岩村養鶏のモットーは『安全で安心な雛づくり』。実にシンプルなゆえに、我々に力強く突き刺さってくる。不易流行という言葉がある。そのシンプルなモットーは岩村養鶏の不易で、変えてはいけないものである。新社長の忠輔さんには新たな流行を創造していただきたい」と激励した。
 高村代表取締役は「岩村養鶏と付き合って良かったと思っている。今後ともよろしくお願いする」と述べるとともに、岩村忠輔社長夫妻を壇上に呼び寄せて「岩村養鶏の社長を引き受けることで様々な苦労があると思うが、私も教育していくつもりであるので、皆さんもよろしくお願いする。良い時は誉めてやらなければいけないし、失敗すれば叱らなければいけない。そういう中でぜひ育ててほしいと切にお願いする」とした。
 ラミレス社長は「岩村養鶏の55年の歴史は、1959年に設立したローマン社の育種事業とほぼ同じ長い時間である。先代の忠太会長、忠衛社長のビジョンが日本の採卵養鶏業界に高品質の採卵鶏を供給する最大の会社を築き上げた。忠衛新会長にお祝いを申し上げるとともに、忠輔新社長にはこの素晴らしい会社を将来にわたって発展させていかれるよう祈念申し上げる」と述べた。
 来賓と岩村養鶏の新役員が紹介された後、永年勤続表彰を行ない、25年以上勤務した社員17人に岩村会長から感謝状と金一封が贈られた。
 最後にあいさつに立った岩村忠輔社長は「9月20日の取締役会で社長に就任した。これもひとえに日頃から皆様に温かく、時には厳しくご指摘いただいたお陰だと思っている。先ほど会長が申し上げたように、ここに至るまでは決して楽な道ではなく、この先もなお一層厳しい環境であると思う。しかし、新しい体制を築き、この先50年、100年の未来に向けて一歩一歩慎重に歩みを進めていきたいと思っている。これからもお客様のニーズに応えられるように、社員一丸となって成長していく。
 私はまだまだヒヨコであるが、皆様のお役に立てるよう精一杯努力していくので、今後もより一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げる」と抱負を述べた。
 祝賀会では、岩村養鶏の創業から現在に至るまでの歩みを映像で紹介し、藤間一郎副社長が「設立55周年記念祝賀会を開けることに大変な喜びを感じている。これもひとえに皆様方のご支援、ご協力の賜物であり、感謝申し上げる」などとあいさつ。給ォ野養鶏の境野徳夫社長が「岩村忠衛会長はいろいろな意味で私の先生である。新社長の忠輔さんには新しい視点を持って、種鶏孵卵業界をリードしていただきたい」と述べて乾杯し、なごやかに歓談した。この間、麻生太郎副総理兼財務相、岩村良一県議会議員ら各方面から寄せられた祝電や、ハイライン・インターナショナル社のジョナサン・ケード社長からのビデオメッセージが紹介され、勇ましい新潟万代太鼓の演奏が披露された。
 ローマン・ティアツクルト社のラミレス社長とハイライン・インターナショナル社のイアン・ルビノフ日本担当から岩村忠輔社長に、ビッグダッチマン社のバーンド・ミアポール会長から岩村忠衛会長夫妻に、それぞれ記念品が贈られた。東西産業貿易鰍フ村田良樹会長による中締めでお開きとなった。

【岩村養鶏の設立55周年記念式典と祝賀会】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。