最新!  知多養鶏農協 設立50周年を盛大に祝う(ニュース-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


『雲のようなTKG』ができるおもちゃ 10月26日にタカラトミーが新発売

2017.09.25発行
 おもちゃメーカー大手、タカラトミーグループの潟^カラトミーアーツ(宇佐美博之社長―本社・東京都葛飾区青戸4−19−16)は、日本の代表食≠フひとつとなった「TKG(卵かけご飯)」を、雲のようなふわふわの食感に仕上げるおもちゃ『究極のTKG』(税込み希望小売価格3780円)を10月26日に発売すると発表した。
 卵を殻付きのまま、おもちゃの上部にセットし、ボタンを操作すると、自動的に卵が割れて、白身と黄身が分離。さらにホイップスイッチを押すと、「独自の解釈によるクラウドテクノロジー」で白身だけが泡立てられてメレンゲ状になる。所要時間は5分未満で、忙しい朝でもプチ贅沢≠ネTKGを楽しめるとのこと。
 泡立てる時間を約1分にすると、軽めの五分立て≠ノなり、約3分にすると、しっかりした十分立て≠ノなるなど、メレンゲの食感も自由に選べる。「なめ茸」や「しらす」「イクラ」などのトッピングで、SNSでの写真共有にも一役買ってくれるような、華やかな仕上がりのTKGができるという。
 同社はリリースで「たまごかけごはんもクラウド化≠フ時代。雲のような極上のふわふわ食感をぜひお楽しみください」と紹介している。
 お手入れブラシ付きで、重さ450グラム。単2アルカリ乾電池2本使用。対象年齢15歳以上。詳細は『究極のTKG』ホームページ(http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/tkg/)へ。

ヨード卵・光とのキャンペーンも

 『究極のTKG』の発売に合わせ、タカラトミーアーツと『ヨード卵・光』を販売する日本農産工業梶i山ア裕史社長―本社・横浜市)は、コラボキャンペーン「ヨード卵・光を食べて究極のTKGを当てよう!」を10月1日から11月30日まで実施する。

【『究極のTKG』のパッケージと本体(上)、ふわふわ食感≠フ白身が泡立てられてでき上がった卵かけご飯(下)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。