最新!  中嶋、佐々木、橋本氏に勲章(ニュース-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月23日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


米国穀物収穫予想 まずまずで市況も安定

2017.09.05発行
 米国農務省(USDA)が8月10日に公表した農産物需給予測月報(WASDE)によると、今秋収穫する2017/18年度の米国産トウモロコシの1エーカー当たり予想単収は、前月予想より1.2ブッシェル少ない169.5ブッシェル(10アール当たり約1.06トン)、生産量は1億200万ブッシェル(0.72%)少ない141億5300万ブッシェル(約3億5950万トン)となった。主産地のサウスダコタ、アイオワ、ミネソタ、イリノイ各州で予想単収が前年度を下回った。
 輸出量は2500万ブッシェル少ない18億5000万ブッシェル、飼料その他向けも2500万ブッシェル少ない54億5000万ブッシェル、期末在庫は5200万ブッシェル少ない22億7300万ブッシェルとし、期末在庫率は前年度推計値より0.4ポイント低い15.9%となった。農家販売価格は前月予想と同じ2.90〜3.70ドルで推移するとしている。
 米国産大豆の1エーカー当たり予想単収は、過去最高となった前年度より2.7ブッシェル少ないものの、前月予想より1.4ブッシェル多い49.4ブッシェル(10アール当たり約332キログラム)、生産量は1億2100万ブッシェル多い43億8100万ブッシェル(約1億1923万トン)、輸出量は供給増と価格低下を織り込んで7500万ブッシェル多い22億2500万ブッシェル、期末在庫は1500万ブッシェル多い4億7500万ブッシェル、期末在庫率は前年度推計値より0.1ポイント高い11.0%となった。農家販売価格は前月予想より下値が0.05ドル高、上値が0.25ドル安(中央値は0.10ドル安)の8.45〜10.15ドルで推移するとしている。
 米国産穀物や大豆などの予想収穫面積や単収は、7月までは作付け状況や天候、過去の傾向などをもとに机上で推定したものだが、8月はシーズンで初めて実際の生育状況を調査して算出するため、市場関係者やユーザーからより注目される傾向がある。
 8月10日のWASDEの公表を受けてシカゴ相場(期近物)は値を下げ、8月29日現在のトウモロコシ相場は、4ドル台を付けた直近の高値(7月11日)と比べて約65セント安い3ドル35セント前後、大豆相場は同約1ドル安い9ドル35セント前後で推移している。

米国産大豆ミールは前月予想を下回る

 米国産大豆の搾油需要は、世界的な大豆ミール需要の低下を織り込み、前月予想より1000万ブッシェル少ない19億4000万ブッシェル、大豆ミール生産量は22万5000ショートトン(約0.5%)少ない4607万5000ショートトン(前年度比では3.7%増)、輸出量は20万ショートトン少ない1220万ショートトン(同5.2%増)、1ショートトン当たり平均価格は前年度より中央値で5ドル安い295〜335ドルで推移するとしている。
 世界の大豆など油糧種子の総生産量は、前月予想より280万トン多い5億7670万トンとなった。ただし国別では、大規模な洪水災害の発生が報じられているインドの生産量が、同国政府が作付面積を低く見積もっていることを反映して150万トン下方修正された。カナダも天候不順により予想収量が下がっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。