最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月22日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


日本家禽学会秋季大会 9月4〜5日に信州大学で

2017.07.15発行
 日本家禽学会(会長=高橋和昭山形県立米沢栄養大学教授)は、9月4、5の両日、長野県上伊那郡南箕輪村の信州大学農学部で、2017年度秋季大会を開催する。
 4日は午後1時30分から、『鶏の育種改良の方向性と課題』をテーマにした公開シンポジウム(参加費無料)を開き、日本チャンキー鰍フ香川幹二氏が「エビアジェン社のブロイラー育種改良」、潟Qン・コーポレーションの後藤裕司氏が「採卵鶏の育種改良と方向性」、(独)家畜改良センター岡崎牧場の山本洋一場長が「国産鶏種の育種改良の経緯と方向性」、人と鳥の健康研究所家禽診療センターの川崎武志氏が「わが国の産業養鶏と育種についての課題」の演題で講演。
 5日は一般講演(参加費は会員3000円、非会員4000円、講演要旨は1部2000円)や総会のほか、学会賞・奨励賞、優秀論文賞、優秀発表賞の授与式や、学会賞・奨励賞受賞者の講演会などを行なう。

合同国際シンポジウムも

 4日午前8時30分から10時30分までは「畜産学会・家禽学会合同国際シンポジウム」(参加費無料)を開き、家禽学と畜産学の最先端の研究をテーマに、家禽学会が招いたソウル大学のジェ・ヨンハン博士と、ヒーバル・キム博士、畜産学会が招いた農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)のタマス・ソムファイ博士と菊地和弘博士、東京農工大学の田中あかね博士が講演する。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。