最新!  家畜糞尿の臭気対策『デオマジックZ』 日本全薬工業が10月2日に新発売(新製品-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月21日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


JGAP【家畜・畜産物】 基準書が発効

2017.04.25発行
 (一財)日本GAP協会(荘林幹太郎代表理事)が定めた『JGAP【家畜・畜産物】』の基準書が、4月1日付で発効した。
 基準書は、農場が取り組む内容を示した「農場用 管理点と適合基準」と、審査・認証の手順や適用範囲など認証の枠組みを定めた「総合規則」の2種類の文書で構成。このうち「農場用 管理点と適合基準」には、@農場運営A食品安全B家畜衛生C環境保全D労働安全E人権・福祉Fアニマルウェルフェア――に関連する31項目・113管理点が示されている。
 今後は審査・認証の開始に向け、関係機関との調整や、指導員・審査員の研修などの準備を進め、今夏をめどに認証体制を構築するとしている。
 JGAPは、本紙3月5・15日号で既報の通り、すでに農産物(青果物・穀物・茶)の基準を運用中。これらは16年版から、主に国内向けの取引を想定した「ベーシック」と、国際的な要求への対応を想定した「アドバンス」の2種類に分かれた。JGAP【家畜・畜産物】は、国産畜産物の輸出促進の重要性が高まっていることや、2020年東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会から食材調達基準の一つに挙げられたことなどから、同協会が作成を進めていたもの。
 現在の総認証農場数は4000か所以上。英語版・中国語版・ハングル版もあり、台湾で1農場、韓国で10農場、ベトナムで1農場が認証を取得している。2年間の更新制で、取得後は中間の維持審査も行なう。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。