最新!  防疫対応のさらなる強化へ 薬剤耐性対策も強化 平成29年度家畜衛生主任者会議(トップ記事-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月24日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成29年のひな需給 レイヤー、ブロイラーとも不足気味

2017.02.25発行
 (一社)日本種鶏孵卵協会(山本満会長)は2月16日にレイヤー、ブロイラーの種鶏導入と素ひな計画生産検討会を開いた。調査から推計した29年のレイヤー種鶏導入羽数は前年比2.1%増加するものの、年度では7.0%減と大幅に減少する。ブロイラー種鶏導入羽数は29年は0.3%増、29年度は2.0%増加する。ひなえ付け羽数を前年並みと仮定したコマーシャルひなの需給では、レイヤー、ブロイラーとも、年次、年度で不足気味に推移する見通しとなっている。

レイヤー種鶏導入は2.1%増

 全国のレイヤー孵卵場24場から集計した平成29年(1月〜12月)の種鶏導入計画羽数は108万3385羽で、28年実績(106万291羽)比では2.2%増。29年度ベース(29年4月〜30年3月)では103万5565羽で、28年度の111万7231羽に比べ7.3%減と大幅に減少する。
 地域別では、東日本(北海道から関東甲信越)は年次で3.3%減(28年68万3646羽→29年66万800羽)であるが、年度では減少幅はさらに拡大し、15.2%減(28年度73万2346羽→29年度62万1100羽)となっている。
 中部は年次で17.8%増(28年20万8545羽→29年24万5645羽)で、年度ベースでは増加幅はさらに拡大し32.2%増(28年度19万2845羽→29年度25万4845羽)となっている。
 中四国・九州は年次で5.3%増(28年16万8100羽→29年17万6940羽)であるが、年度ベースでは16.9%減(28年度19万2040羽→29年度15万9620羽)となっている。
 導入調査の全国推計のカバー率(年次ベースで91.7%、年度ベースで92.1%)を基に推計した全国の種鶏導入羽数は、29年が118万1000羽で前年(115万6000羽)に比べ2.1%増、29年度では112万9000羽で前年度(121万4000羽)に比べ7.0%減の見込みとなっている。
 卵殻色別の種鶏導入計画は、白色卵系は年次で3.9%減、年度で10.0%減。褐色卵系は年次で18.1%増、年度で8.3%減。ピンク卵系は年次で1.6%減、年度で17.5%増の見込み。
 全体の構成割合は、29年次は白色卵系60.8%、褐色卵系30.7%、ピンク卵系8.5%。29年度で白色卵系61.6%、褐色卵系28.3%、ピンク卵系10.1%。
 種鶏の育成率97%、種鶏供用期間308日(44週まで)、種卵の採種率92.8%、種鶏1羽当たりひな生産100.34羽、同年間平均生産羽数118.9羽を基に試算した素ひなふ化羽数は、29年次は1億1092万羽、うち素ひなの出荷羽数見込みは1億316万羽で前年比4.1%増。29年度では素ひなふ化羽数1億1073万羽、うち素ひなの出荷羽数は1億298万羽で前年度比3.1%増の見込み。
 コマーシャル素ひなのえ付け羽数を前年並みの1億694万羽と仮定すると、年間トータルでは29年は379万羽の不足、年度ベースでも396万羽の不足が見込まれる。

ブロイラー種鶏導入は0.3%増

 全国のブロイラー孵卵場50社(場)から集計した平成29年(1月〜12月)の種鶏導入計画羽数は487万8552羽で、前年実績(486万2949羽)比0.3%増、羽数では1万5603羽増。29年度(29年4月〜30年3月)は489万6160羽で、前年度実績(484万308羽)比1.2%増、羽数では5万5852羽増加する見込み。
 地域別では、東日本(北海道から関西まで)は年次は180万3600羽で2.4%増、年度では182万9050羽で3.1%増。中四国は年次は61万9200羽で7.9%増、年度では61万8200羽で3.2%増。九州は年次は245万5752羽で2.9%減、年度では244万8910羽で0.8%減の見込み。
 導入調査の全国推計のカバー率(年次ベースで97.0%、年度ベースで97.8%)を基に推計した全国の種鶏導入羽数は、29年次が503万羽で前年(501万4000羽)比0.3%増、29年度が504万8000羽で前年度(494万9000羽)比2.0%増の見込み。
 羽色別の種鶏導入計画羽数は、年次では白色羽系は0.3%増、年度では0.9%増。有色羽系は年次で3.3%増、年度で19.6%増。地鶏系は年次で2.0%減、年度で8.1%減の計画となっている。
 全体の構成割合は、年次でも、年度でもほぼ変わらず、白色羽系96.7〜97.0%、有色羽系1.9〜2.3%、地鶏系1.0〜1.2%で、白色羽系が大部分を占める。
 種卵採取開始日齢180日(6か月齢)、採取期間270日(27週齢〜64週齢)、種鶏1羽当たりひな生産141.7羽を基に試算した29年次のブロイラー用ひなの生産能力は7億622万羽で前年比1.1%減、29年度では7億491万羽で前年度比0.9%減となる。
 29年次のコマーシャル素ひなのえ付け羽数を前年並みの7億2173万羽と仮定すると、年次ベースでは1552万羽の不足、年度ベースでは1682万羽の不足となる。
 特に29年前半は、九州の種鶏場でのAI発生などの影響もあり、ひなは不足気味に推移するとみられている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。