最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月27日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


香港フードエキスポ 日本産畜産物をPR

2016.08.25発行
 日本畜産物輸出促進協議会(中須勇雄会長―事務局・(公社)中央畜産会内)は、8月11日から13日まで香港で開かれたアジア最大規模の食品見本市「フードエキスポ2016」(通称・香港フーデックス)に出展し、オールジャパンで日本産畜産物の高品質・本物・おいしさ・鮮度・安全性≠アピールした。
 フードエキスポ2016には、世界20か国・地域から1300を超える企業・団体が出展し、会期中には2万人以上が来場した。
 同協議会は、JETROジャパンパビリオン内に設置した日本産畜産物PRブースで、日本産畜産物の特徴などに関する講演や調理実演、ポスター展示と資料配布、試食と試飲、情報交換会、バーチャル和食体験などを行ない、香港のバイヤーや高級飲食店の関係者らに日本産の牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵、牛乳・乳製品を紹介した。
 鶏肉では『焼き鳥』や『鶏すき』などの日本的な料理と一体となった利用促進や、特徴ある地鶏を紹介。
 鶏卵では、安全・安心を訴求しながら、温泉卵に対する潜在的な需要を糸口に加工卵の魅力を伝えた。
 このほか、和牛では主要部位以外のカタやモモの利用拡大とカット・調理技術、豚肉では安全・安心を裏付ける生産管理と飼養管理、牛乳・乳製品では日本産の安全性の高さなどをPRした。

 【解体処理を実現して日本の特徴ある地鶏を紹介、温泉卵の試食を行ない日本三景卵の安全・安心をアピール】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。