最新!  底堅い鶏卵、鶏肉相場 鍋物需要などへの期待も(トップ記事-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


あおもりたまごかけごはんまつり 魅力ある『青森たまご』が大集合 たまごクイズも実施

2016.07.25発行
 こだわりの『青森たまご』を使った「たまごかけごはん」がその場で味わえる『あおもりたまごかけごはんまつり』(主催・〈公社〉青森県観光連盟、協賛・青森県養鶏協会など)が7月1日から3日まで、青森市の観光物産館「アスパム」で開かれた。
 同イベントは『青森たまご』のさらなる消費拡大を図ろうと、県内の養鶏家らが一丸となって毎年開いているもの。今年は、北海道新幹線の開業に合わせ、地域の魅力を発信する「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」のオープニング記念イベントにも位置づけられたことから、北海道産のこだわり卵も出品し、畜産王国あおもり≠テーマに5月から毎月実施している『うまい森 青いもりフェア』(主催・東奥日報社)や、県の特産畜産物を集めた『あおもり大畜産まつり』も同時開催するなど、盛りだくさんのイベントとなった。
 たまごかけごはんまつりには、青森県から@飼料に魚粉などの動物性たんぱく質を使わず生産した『植物育ちのおいしいたまご』(八戸市、潟Iリエンタルファーム)A天然βカロチンを含む海藻の「ドナリエラ」を飼料に使った『天然カロチンの卵』(同、給{崎養鶏場)B下北半島で雛から育てた鶏が産んだ『しもきた』(むつ市、〈農〉斗南養鶏)C県畜産試験場が開発したアローカナ系統の卵『青玉』と、褐纉。孵卵場の純国産鶏「もみじ」が産んだ『赤玉』(東北町、巨g土不二)D地養素を加えビタミンEを強化した『医食同源たまご』(黒石市、鰍ツがる)E地元産の飼料米を使い、レモンイエローの卵黄色が特徴の『こめたまプレミアム』(藤崎町、常盤村養鶏農協)F濃厚卵白の盛り上がりが抜群で地元でも評判という『ピンクたまご』(三沢市、東北養鶏梶jGビタミンEの含有量が普通卵の10倍の『煌めくたまご』(同、挙喧kファーム)H蓬田村の高品質な水と飼料で育てた鶏が産んだ、黄身がもっこりまあるく$キり上がった『きみちゃんのもっこりたまご』(蓬田村、坂本養鶏梶jI湧き水や特産のにんにく、えごま、桑の葉を鶏に与えて生産した、卵殻が薄緑色の『緑の一番星』(田子町、泣Gコ・グリーン)――が登場。
 北海道からは、@自家農園で有機栽培したおいしい野菜を飼料に使った『平飼い有精卵』(七飯町、ついき農園)、A道南産を中心に独自に配合したこだわり飼料で育てた鶏の『平飼い自然卵』(同、自然卵門脇ファーム)――が出品。
 醤油も、地元産の『たま卵(ら〜ん)醤油』(八戸市、〈名〉村醤油本店)、『ほたて醤油』(平川市、カネショウ梶j、減塩『昆布しょうゆ』(藤崎町、樺村醸造元)が用意され、来場者は様々なトッピングも使って、オリジナルの一杯を楽しんだ。
 数量限定の県産卵の販売会や、キユーピータマゴ鰍ェ青森県で製造している『冷やしてかためるプリンベース』と青森県産りんごジュースを使ったプリンの試食会、弘前市の洋菓子店「ピーファクトリー」の看板商品『丼プリン』の特別バージョンの販売なども実施。
 あおもり大畜産まつりでは、各畜種の団体がブースを設け、青森県畜産協会は『青森シャモロック』、青森県食鳥事業推進協議会は、県産鶏肉を使い、弘前市の人気からあげ専門店「こばしょぐ」が調理した『からあげ』を販売。
 青森県養鶏協会は、たまごの知識を楽しく学ぶ『たまごクイズ』コーナーも2日の午前と午後に開催し、各回とも100人を超える消費者が参加。新鮮で高品質な『青森たまご』や県産の畜産物、卵の正しい知識などをおみやげに持ち帰っていた。

【鮮度とこだわりが詰まった自慢の高付加価値卵の販売も、『たまごクイズ』には各回とも多くの消費者が参加した】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。