最新!  AI国内侵入株 少なくとも5系統 4系統は韓国ウイルスと重複(トップ記事-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月27日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


日本畜産物輸出促進協が“フード台北”に出展 鶏卵や豚肉、牛乳・乳製品をPR

2016.07.15発行
 日本畜産物輸出促進協議会(中須勇雄会長―事務局・〈公社〉中央畜産会内)は、6月22〜25日の4日間、中華民国台北市で開催された「FOOD TAIPEI2016」に出展し、日本産豚肉、鶏卵、牛乳・乳製品のPRセミナーを実施した。
 この展示会は、台北市で毎年開催されている食品見本市で、今年は世界36か国・地域から1656社・団体が出展し、来場者は約6万6000人(うち海外から約7500人)であった。
 日本畜産物輸出促進協議会では、日本産品への関心が高い同国最大の見本市に、高品質で安心できる日本産の豚肉、鶏卵、牛乳・乳製品を出品し、調理実演や試食、ポスター展示、資料配布、アンケート調査などを通じて、オールジャパン体制で現地のバイヤーに対する輸出拡大の理解醸成を図ったもの。
 来場者の反応としては、台湾では、日本産農畜産物はすでに地域ブランドが浸透しており、特に北海道の知名度が抜群である一方、日本産豚肉、卵、牛肉・乳製品がすでに輸出可能な状況にあることについては、“知らない業者”が多いものの、日本産畜産物は値段が高いが、おいしさ、安全・安心などがPRポイントで、台湾には高所得者が多いため、一定のニーズがあるのは間違いない――との見方が多かった。
 特に、日本産牛肉への関心は高く、食肉業者の8割近くは、ぜひ取り扱いたいと高い関心を寄せていた。日本産鶏卵については、「生で食べられる」優れた品質管理を高く評価する来場者が多く、試食として出した『温卵スープ』も好評であった。ただ、日本産鶏卵の値段が高いこと、台湾産鶏卵の自給率が高く、台湾産の中にも『有機鶏卵』など高級卵もあることから、現地の業者からは、日本産鶏卵をどのように差別化し、販売していくかについて質問が集中した。
 このほか、豚肉については黒豚、牛乳については北海道の知名度が高いことから北海道産の牛乳・乳製品への関心度が高く、取り扱いたいとの業者が多かった。
【台湾の来場者に日本産鶏卵の良さをアピール】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。