最新!  AI国内侵入株 少なくとも5系統 4系統は韓国ウイルスと重複(トップ記事-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月30日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


多収品種「オオナリ」 10アール1トン近い収量で飼料用米に最適

2016.06.25発行
 農研機構は6月8日、収量が多く飼料用米に適した水稲新品種「オオナリ」を育成したと発表した。既存の多収品種「タカナリ」の課題であった脱粒性を改良し、10アール当たり1トン近い収量が期待できる。
 「オオナリ」の主な特徴は、@タカナリの突然変異個体から選抜されたうるちの品種A生育特性や草姿はタカナリとほぼ同じで、タカナリを栽培していた地域で容易に導入できるBタカナリの脱粒性が改良され、収穫期の収量ロスが少なくなるため、10アール当たり平均940キログラムと安定した多収となるC白葉枯病には中程度、縞葉枯病には強い抵抗性を持つD玄米の外観品質はタカナリ並みで、粒形はやや細長く、食用品種と識別できるE栽培適地は関東以西の地域――など。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。