最新!  平成28年の鶏卵生産量は1.6%増の256万トン(トップ記事-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月31日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


33回目のたまごフェスティバル 都卵協が卵の素晴らしさ伝える

2016.04.25発行
 (一社)東京都卵業協会は4月3日、東京スカイツリー・ソラマチひろばで国産鶏卵の消費拡大を図る『東日本大震災復興支援 第33回たまごフェスティバル』を開いた。
 小雨がぱらつく中での開催となったが、山田昇会長は参加した会員、関係者ら65人に感謝したうえで「卵をしっかり食べることが老化防止にもつながる。その素晴らしさをアピールして消費を増やしていこう」と激励。午前11時前に久松一弘実行委員長が「笑顔で頑張ろう!」と呼びかけてイベントをスタートさせた。
 100円以上募金した人にブランド卵や卵加工品を贈る『たまごチャリティ』は今年も好評。売り場には会員や協賛各社が販売する商品がずらりと並び、キユーピータマゴ鰍ヘ日本人の1人当たり年間鶏卵消費量(329個)を知ってもらおうと、10個入りパック卵を33個積み上げた『エッグツリー』を展示した。
 タマリエ検定の参加者には6個入りの『都卵協謹製たまご』をプレゼントし、全問正解者には追加の卵と認定証を贈呈。間違えた人には“卵の専門家”たちが正しい知識を伝えた。
 用意した約4000パックは午後2時に完売。墨田区在住の20代男性は「卵は好きだが1日1個までにしなければと思っていた。今日のクイズ(タマリエ検定)では2個食べても大丈夫だと分かり良かった」と笑顔で会場を後にしていた。
 後援と協賛団体・企業は次の通り(順不同)。
 【後援】農林水産省生産局、東京都、(独)農畜産業振興機構、墨田区
 【協賛団体】(一社)日本卵業協会、青森県養鶏協会、全国たまご商業協同組合、東京鶏卵事業協同組合、豊橋養鶉農協、常盤村養鶏農協
 【協賛企業】活、たまご、潟Aグリテクノ、鰍すなろファーム、アルム梶Aイセ食品梶A伊藤忠飼料梶A滑竡閭tァーム、エフピコダイヤフーズ梶AMCフードスペシャリティーズ梶A潟Iリエンタルファーム、キユーピータマゴ鞄結梔c業所、倉持産業梶A褐I駒ポートリー、褐I原製作所、潟Pイコウ産業、泣Rウノ鶏卵、潟Rトブキ園、泣Tカイフーズ、坂本養鶏梶A三州食品梶AJA全農たまご梶A太陽化学梶A中部飼料梶A東京鶏卵梶A挙喧kファーム、東洋キトクフーズ梶A拠月産業、中日本梶A日本農産工業梶A日本モウルド工業梶A鰍ミたち農園、フィード・ワン梶A汲モなばやし農産、潟zクリヨウ、居シ岡養鶏、マルイ食品梶A巨フの味たまご農場、去R六印刷、日本養鶏記者クラブ
 【大人気のたまごチャリティ(上)、日本人の鶏卵消費量を表した『エッグツリー』(中)、タマリエ検定で正しい知識を伝える(下)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。