最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月30日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


4〜6月期配飼価格 全農はトン3700円値下げ 穀物価格の下落、円高などで

2016.03.25発行
 JA全農は3月18日、4〜6月期の配合飼料価格(全国全畜種総平均)をトン当たり約3700円値下げすると発表した(値下げ幅は地域別、畜種別、銘柄別に異なる)。商系も値下げする。
 全国全畜種総平均の配合飼料価格が最も高かったのは平成26年1〜3月期のトン当たり6万5400円(11社・団体の加重平均)。26年4月から配合飼料価格安定制度が見直されたことに伴い、全国全畜種総平均の価格の公表もなくなった。
 26年4月以降の配合飼料価格の改定額を全農の発表価格でみると、
 26年4〜6月期  1300円の値上げ
 26年7〜9月期  800円の値上げ
 26年10〜12月期 2650円の値下げ(補てん800円)
 27年1〜3月期  2550円の値上げ(補てん800円)
 27年4〜6月期  750円の値下げ
 27年7〜9月期  1800円の値下げ
 27年10〜12月期 据え置き
 28年1〜3月期  700円の値下げ
 28年4〜6月期  3700円の値下げ
――で、トータルでは4950円の値下がり(補てん分を除く)となる。
 全農が発表した飼料情勢では、@トウモロコシのシカゴ定期は現在3ドル60セント/ブッシェル前後で推移し、今後は作付状況や作付時の天候に左右されるA大豆かすのシカゴ定期もトン290ドル台で推移し、国内の大豆かす価格の値下がりが見込まれるB海上運賃も燃料価格の下落などでトン25ドル前後で推移し、今後も現行水準での推移が見込まれるC為替も1ドル=113円前後の展開が見込まれる――としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。