最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月16日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


丹波黒どりの生ハム発売 ヤマモト

2016.03.15発行
 潟с}モト(山本光夫社長―本社・京都府亀岡市保津町上火無66−2)は、指定農場で約100日間肥育する『丹波黒どり』の新たな加工品として『地鶏丹波黒どり生ハム切落とし(ムネ)』【写真下】の販売を開始した。
 使用部位はヘルシーなむね肉で、地鶏肉の甘味が感じられるように仕上げた。主なターゲットを50〜60歳代の消費者に定め、豚肉製よりもあっさりとしていて、食べやすい生ハムを目指したという。
 食品事業部長の金田守正取締役は「噛めば噛むほどうま味があふれ出る商品。お酒のおつまみとしてそのまま食べたり、サラダのトッピングに使ってほしい。付加価値があるため京都土産としての需要も期待できる」と紹介する。
 1袋70グラム入りで、税込みの希望小売価格は798円。賞味期間は冷蔵保存で30日間。出荷時は1ケース30袋入り、発注からのリードタイムは平均7日間。
 問い合わせは同社(電0771-25-1451、F0771-25-1453)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。