最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月21日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


『まるいたまごやき』など春の業務用新商品発表 キユーピー

2016.02.25発行
 キユーピー梶i三宅峰三郎社長)は2月9日、東京都渋谷区の新本社ビルで『春の業務用新商品説明会』を開いた。食のトレンドに応える新商品として、厚焼き卵をパンに挟む“たまご焼きサンド”向け『まるいたまごやき』を17日にリリース。3月23日には既存商品の一部を刷新し、業務用『キユーピーハーフ』も家庭用のリニューアルと同様に卵の配合率を高める。
 説明会に出席した清水誠三フードサービス本部長(執行役員)は外食・中食市場の現状などを自社の調査結果を基に説明し、卵の消費増にもつながっているキリスト教の復活祭『イースター』については「一昨年まで45%であった認知度が昨年88.5%まで一気に上がり、小売、外食などの参加店舗数も把握分だけで約2万店舗まで増加した」と紹介。
 また、イースターに食べたいメニューでは1位がゆで卵(デビルドエッグやドレスドエッグも含む)、2位がオムレツ・オムライス、3位がエッグベネディクト(ポーチドエッグなどをマフィンに乗せたもの)、4位がプリン、5位がエッグタルトと続き、特にエッグベネディクトの提供店舗数は顕著に伸び、2015年3〜5月の同メニュー向け各商品の売上高は前年同期比で約2割増加した――との結果を公表した。
 今年のイースターについては西方教会が3月27日、東方教会が5月1日。この2つのイースターの36日間を重視する清水本部長は「期間中は各業態への色々な販促支援ができると思う。いまは全国的な“低栄養”が問題となっているが、卵はアミノ酸スコアの良い素材で、健康面にも大きく貢献できる」などとした。今年は大阪市のユニバーサルスタジオジャパン内に、キユーピーとイースターとのコラボ店舗も出店する。
 説明会後は新社屋内の調理コーナーで、野菜や果物、蒸し鶏、チーズなどの新たな食べ方としてフードサービス本部が一押しする“パワーサラダ”の試食会も行なわれた。
 【新商品の『まるいたまごやき』はたまご焼きサンド、おにぎらずなどに使える】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。