最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月22日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ハイテム12段直立ケージ、2階建て成鶏舎向けに納入 ハイテムコリアがソウル郊外に

2016.01.25発行
 潟nイテム(安田勝彦社長―本社・岐阜県各務原市テクノプラザ2−10)は、同社の韓国総代理店のハイテムコリア(金正敏社長―本社・京畿道利川市)が1月中に、種鶏ケージを現地企業に納入するほか、6月には12段6列、1室10万羽、計20万羽収容の設備を、ソウル郊外のファーマーズガーデンに完成予定の2階建て成鶏舎向けに納入すると発表した。
 ハイテムコリアは、韓国企業が昨年3月に設立し、ハイテムと総代理店契約を締結。韓国内でハイテム直立ベルトケージの販売活動を行なっている。
 韓国のレイヤー農場には、欧米や韓国のケージメーカーの直立ケージが多く納入されているが、ハイテムでは「ハイテムコリアと連携し、少ない破卵など、ランニングコストの極小化による『養鶏第2の利益』の極大化や、現場重視のアフターサービス体制など、日本での実績を活かし、防疫管理の徹底している同国の主力農場を中心に、着実な普及を図っていきたい」としている。
 12段6列の2階建て鶏舎については、鶏の収容前に見学会を予定している。

【12段6列2階建ての鶏舎の断面図。換気は夏冬切り替え3分割インレットを特長とするハイテム新トンネル換気】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。