最新!  日本の総人口、6年連続で減少(ニュース-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月28日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


2020年の輸出目標 鶏卵26億円・約1万トン、鶏肉35億円・約1万4000トン

2015.12.05発行
 農林水産省は、攻めの農業の象徴として、農林水産物・食品の輸出額を2020年には1兆円とする目標を掲げ、牛肉については、すでに輸出戦略実行委員会で2014年の輸出額82億円、輸出量1251トンを2020年には250億円、4000トン相当とする目標を策定していたが、10月20日の同委員会では豚肉、鶏肉、鶏卵、牛乳・乳製品の輸出戦略を承認した。
 鶏卵については現在の香港、シンガポール、台湾のほか、すき焼き用和牛とのコンビネーションによる有望市場としてマカオ、中国、フィリピン、韓国、ロシア、米国などもターゲットとし、2014年の輸出額約4億円、輸出量1527トンを、2020年には26億円、1万トン相当にする目標を掲げている。
 鶏肉については、現在は香港、ベトナム、カンボジアなどへのモミジが中心だが、焼き鳥や鶏すきなど日本の食文化と、日本産チキンのおいしさ、安全性も一体的にPRし、中国、インド、イスラム圏諸国へも市場を広げ、2014年の輸出額17億円、輸出量1万823トンを、2020年には35億円、1万4000トン相当にすることを目標にしている。
 このほか、豚肉は2014年の輸出量429トン、輸出額5億1000万円を、2020年は1000トン、12億円へ。牛乳・乳製品は2014年の輸出額68億円を、2020年は140億円に拡大する目標となっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。