最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月22日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


会田共同養鶏組合など4社に農林水産大臣賞 全国優良畜産経営管理技術発表会

2015.11.25発行
 (公社)中央畜産会は11月12日に東京都千代田区の日比谷コンベンションホールで『全国優良畜産経営管理技術発表会』を開き、長野県松本市で共同で採卵養鶏に取り組む(農)会田共同養鶏組合(上村博文組合長)が農林水産大臣賞(最優秀賞)を受賞した。
 発表会では同組合の中島学会長が事例発表し、審査委員からは@配合飼料工場や飼料用米倉庫、同サイロなどを整備し、昨年は稲作農家49戸(279ヘクタール)の飼料用米1481トンを採卵鶏に給与A飼養羽数約20万羽のうち5万6300羽はアニマルウェルフェア基準に沿って主に国産鶏を平飼いする。このうち8200羽分は有精卵として特定の消費者団体に契約出荷B鶏肉加工場や直売店を建て、直売事業と6次産業化に挑戦C農場HACCP認証(第17号)を取得するだけでなく、毎月、家保の担当者や獣医師らとのHACCP会議を欠かさないD組合員とパート従業員数は計約80人で、雇用面でも地域に貢献E常務理事2人が女性で、組合全体の女性比率も38.7%と高い――ことなどが高く評価された。
 酪農の樺|信牧場(岡山)、肉用牛繁殖の黒木松吾・小夜子夫妻(宮崎)、養豚の泣Rマクサファーム(岩手)も最優秀賞を受賞。会田共同養鶏組合など受賞4事例は来年の第55回農林水産祭の天皇杯候補となる。
 【会田共同養鶏組合の中島会長と上村組合長(右の2人)。飼料用米の活用や6次産業化などが評価された】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。