最新!  新たに飼料添加物に認められたバチルス・サブチルスJA−ZA株 (新製品-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月30日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


米国のAI発生地域、採卵鶏の再導入進む レンブラント社は来年1月から

2015.11.25発行
 大規模なAI発生に見舞われた米国中西部の養鶏企業では、清浄性が確認された農場から鶏の再導入が進んでいるが、アイオワ州の550万羽規模の農場を含め約800万羽をAIで失ったレンブラント・フーズ(本社・アイオワ州レンブラント、昨年の飼養羽数1450万羽、全米養鶏企業ランキング3位)は10月28日、最初の鶏群を来年1月の第1週に導入すると発表した。バイオセキュリティも強化し、農場敷地内の駐車場などにはコンクリートを流し込んで埃が立たないようにしているという。殻付卵や加工卵の不足分については現在、世界中の鶏卵業者と協力しており、今後1年半にわたって生産減少分の62%を社外から調達するとしている。
 米国農務省は再発防止のため、バイオセキュリティや野鳥のサーベイランスの強化など対応計画を作成。AIワクチンについても、使用許可は出していないが製造許可を2社に出し、万一の事態に選択肢とするため備蓄を進めている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。