最新!  現代によみがえる『卵百珍』 国立情報学研究所と国文学研究資料館がレシピを順次公開中(特集-2017.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


畜産業にも『女子力』を! 全国畜産縦断いきいきネットワークが大会

2015.09.25発行
 畜産業にも『女子力』を――。全国畜産縦断いきいきネットワーク(事務局=(公社)中央畜産会内、会員数107人)は8月27日、東京都中野区の中野サンプラザで設立11年目の大会を開き、畜産農家の女性ら約120人が参加した。
 午後1時に島田玲子会長(養豚・新潟)のあいさつで幕を開け、農水省生産局畜産部の大野高志部長と、中央畜産会の南波利昭副会長が祝辞を述べた。
 参加者は那須眞理子さん(肉用牛・熊本)が作・演出した寸劇『カラスのときめき』に笑い、フリーアナウンサーとして全国の農村を取材する小谷あゆみさんの講演に耳を傾けた。且R下鶏園の山下恵美子さん(採卵鶏・三重)らによる話題提供やパネルディスカッションもあり、終始和気あいあいとした雰囲気で『今後の畜産女性』についての考えを出し合った。
 山下さんは「人との出会いが私と家族を変えた」と強調し、地元や県外の畜産農家との交流から生まれたエピソードを披露。渠ゥ中育雛場社長の畠中五恵子さん(採卵鶏・福岡)との思い出も交えて「畠中さんの話からは学ぶところが多く、私は息子に『彼女の顔つきと話し方から学んでこい』と言って講演に参加させたことがある。講演テーマは6次産業化ならぬ10次産業化というもので、何よりも発想力が凄いし、やはり、表に出ている人は違うなと感じる。私自身も今回の大会で見て、聞いて、感じたことを、農場で頑張っている皆に“お土産”として持ち帰りたい」などと話した。
 畠中さんも「山下さんをはじめ、素晴らしく前向きな皆さんと同席できてうれしい」と笑顔をみせ、司会者から畜産業の後継者問題について振られると、「我が家には息子と娘が5人いて、上の男2人は大学で農学と獣医学を学んでいる。しかも双子なので『誰に継がすべきか…』と悩むし、周りの人からも後継者について散々聞かれている。ただ本当は女の後継ぎのほうが良いと思う(笑い)。いまの男はなかなか結婚しないし、結婚したと思ったら離婚して、奥さんが子どもを連れて出て行くという話は本当によく聞く。私の周りの養鶏家でも、後継者がうまく育ち、事業も順調なところは娘が後を継いでいる。ぜひ皆さんも娘をうまく育ててほしい(笑い)」と、ユーモアたっぷりに発言した。
 会員による1分間スピーチでは旧F野養鶏の熊野智子さん(採卵鶏・愛媛)と(農)セイメイファームの嶋田文代さん(同・埼玉)も日ごろの思いなどを伝えた。
 締めの大会宣言で@女性が輝く畜産経営の実現A畜産団体が一丸となったTPP対策B安全・安心な畜産物の生産と供給C国産畜産物の消費拡大――に取り組もう、との意識を共有。懇親会に移ってざっくばらんに語り合った。
 翌28日は、農水省の畜産行政担当者との意見交換会も実施。畜産女性の“現場の声”を霞が関に届けた。
 【寸劇『カラスのときめき』】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。