最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月28日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


8月9日エッグの日 沖縄各地でイベント

2015.09.05発行
 沖縄県養鶏協会と沖縄県農林水産物販売促進協議会は8月9日、恒例の『エッグの日』のイベントを糸満市や名護市などで催し、多くの消費者が料理や買い物を楽しみながら、沖縄県産卵の魅力に触れた。今年は消費者からの要望もあって、“裏エッグの日・エッグ感謝の日”と名づけた9月8日まで約1か月間をキャンペーン期間とし、那覇市や南風原(はえばる)町、与那原町などで多くのイベントを予定している。
 オープニングセレモニーは9日の午前11時から、糸満市のJAファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」で実施。県養鶏協会の安次富均会長のあいさつと、県農林水産部の島田勉部長らの祝辞に次いで、平良隆副会長(沖縄県養鶏農協組合長)が「たまご(エッグ)の日」のPRをした。
 会場は県内の養鶏家や鶏卵業界関係者ら25人が力を合わせて運営。県産卵約500パックを特別価格で販売したほか、シニア野菜ソムリエの徳元佳代子さんが考案した、県産卵と島野菜を使ったキッシュの試食コーナーも設けられた。
 名護市でも同日に、市民会館で開催の「第7回名護市畜産祭り」で卵の限定特売を実施。JA北部養鶏部会のメンバーが協力して地元産の卵のおいしさをPRした。
 “裏エッグの日”までのキャンペーンでは、県養鶏協会が8月21日から9月8日まで、那覇市の国際通りの屋台村で卵の新メニューを提供。21日には屋台村でオープニングセレモニーも実施した。
 与那原町の見奈須フーズは8月10日に、地元の児童養護施設「島添の丘」へ180個入りの卵4ケースと、味付けゆで卵と煮卵の『くぅんちたまご』を各100個贈呈。
 南風原町の諸見里エッグハウス「CAKE&EGG」は8月20日、町内の全学童にシフォンケーキをプレゼントし、町のイメージキャラクター「はえるん」の“誕生会”のためにつくった「はえるんケーキ」も学童らと試食した。9月8日には糸満市の社会福祉法人「袋中園」にケーキ89個を贈呈することにしている。
 名護市に今春新しくできた道の駅「羽地の駅」では、羽地振興協同組合が8月23〜25日に、県産卵や鶏肉を使った料理の販売や卵の特売を行なった。
 八重瀬町の仲座養鶏場は9月3日に、町内の「シーサー保育園」に卵をプレゼントし、おやつに卵料理も提供した。
 県内各地のファーマーズマーケットでも、卵の消費拡大に向けて特売キャンペーンやパネル展示などを随時実施し、ラジオCMも延べ117回提供する予定。
 今夏の沖縄県は卵の魅力のPRに向けて、例年以上に熱く盛り上がっているようだ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。