最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月23日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


英国で高病原性AI 生きた家きんなど輸入停止

2015.07.25発行
 農林水産省は、英国ランカシャー州の家きん飼養農場でH7N7亜型の高病原性鳥インフルエンザ(AI)が発生したため、7月14日付で英国からの生きた家きん、家きん肉などの輸入を停止した。
 同国のハンプシャー州で発生した低病原性AI(H7N7亜型)の清浄性が確認され7月1日に輸入停止が解除になったばかり。
 農林水産省は今年3月25日の食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会で、英国でAIが発生した場合、「コンパートメント施設」からの種鶏初生ひなの輸入を認めるとの答申を受け、英国政府と詰めの協議を行なってきたが、日本の最終的な条件提示に英国政府から返事がない段階で再びAIが発生したもので、現段階ではすぐにコンパートメントの発動による生きた家きんの輸入はない。日本政府としては詰めの協議を早めたいとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。