最新!  『とくたま』発売 JA全農たまご(新製品-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月22日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


米国のAI対応 加工卵相場が高騰、死鳥の処理は進む

2015.07.25発行
 中西部の大規模採卵養鶏場でAIが発生したため、米国の卵価(農務省発表、週当たりラージ平均)は、6月第2週の1ダース246.4セントをピークに下げに転じ、7月第1週には188.94セントとなったが、第2週は188.48セントの高水準で下げ止まっている。
 加工向け卵のひっ迫も続き、7月第2週の米中部原料卵価格は4月下旬の1ダース70セント弱と比べ2.4倍の168セント、全地域加重平均の凍結全卵は3.2倍の1ポンド245セント(1ドル124円換算で1キログラム約670円)、凍結卵白は3.0倍の216セント(同約591円)、加糖卵黄と加塩卵黄は2.4倍の各252セント(同約689円)、250セント(同約684円)となっている。
 死鳥の埋却などの防疫対応は一時、遅れも指摘されたが、現地報道によると最大の発生地となったアイオワ州(発生数は75農場・3172万羽。うち採卵鶏は24農場・2512万羽)は7月初旬に州内のすべての死鳥の処理を終え、初発期の七面鳥農場は8月中旬に、採卵養鶏場もその翌週などに再び若鳥を入れるとのこと。農務省は秋以降の再発に警戒を強め、中西部の家禽農場は更衣室やシャワー室、車両消毒設備の導入などを進めている。
 6月22日の農務省統計によると、6月1日現在の採卵鶏(種鶏を含む)は前年比8%減の3億2900万羽(うち採卵鶏は11%減の2億7100万羽)、5月の鶏卵生産量(種卵含む)は5%減の80億個(うち食用卵は6.5%減の68億5600万個)に減少した。
 復旧までの期間についてAP通信は、米国政府関係者が「2年以内」、AEB(アメリカン・エッグ・ボード)関係者が「最善のシナリオで1年」と語ったとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。