最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月23日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


米国のAI(5月19日現在) 174家きん農場、3895万羽 輸入停止は17州に

2015.05.25発行
 農林水産省は5月12日、米国インディアナ州の家きん農家でH5N8亜型、13日にネブラスカ州の採卵鶏農場でH5N2亜型の鳥インフルエンザ(AI)が発生したとの報告を受け、両州からの生きた家きんと家きん肉の輸入を停止した。
 輸入停止はミシガン(発生農場から半径10キロメートル以内)、ニュージャージー(同)、オレゴン、ワシントン、アイダホ、カリフォルニア、ミネソタ、ミズーリ、カンザス、アーカンソー、サウスダコタ、モンタナ、ノースダコタ、ウィスコンシン、アイオワ、インディアナ、ネブラスカの17州となった。
 米国では高病原性と低病原性のAIの発生が昨年12月から続き、現在(5月19日)までに種鶏や七面鳥などすべての家きんを含めて174農場・約3895万羽に達し、うち商業飼養の採卵鶏は、全米の採卵鶏飼養羽数(1農場3万羽以上)約2億9600万羽の約11%に当たる36農場・約3273万羽に達している。
 AIが発生したセンターフレッシュグループ(本紙前号既報、米国の採卵企業ランキング8位、飼養羽数は875万羽)代表のジム・ディーン社長は、グループのスーカウンティエッグファーム(170万羽)と、センターフレッシュエッグファーム(380万羽)でAIの陽性反応が出て発生が確定した4月27日に声明を出し、「厳格な衛生管理に懸命に取り組んできたにもかかわらず、AIが発生したことを知り、大きな衝撃を受けている。当面は家族や従業員、業界にとって非常に厳しい状況が続くとみているが、多くの支援に感謝し、当局や仲間と協力して感染拡大の防止に全力を挙げる」とコメントしている。
 ミネソタ、ウィスコンシン、アイオワ、ネブラスカの各州は非常事態宣言を出し、州兵に支援を要請しているが、地元紙などの電子版では、地元経済への打撃や、鶏を殺処分する機器の不足、焼却や埋却などが追いつかなくなることを危惧する声が上がっている。
 全米最大の七面鳥の生産州であるミネソタ州では、七面鳥農場79農場の約410万羽(同州の七面鳥農場数は約600農場、年間飼育羽数は4500万羽)が殺処分対象となり、七面鳥の処理工場は出荷の激減により休業状態に追い込まれているとのこと。米畜産大手のホーメルフーズ傘下で全米2位の七面鳥生産企業、ジェニー・オー・ターキーはミネソタ州の工場の従業員233人の一時解雇を発表した。
 米国農務省は被害農家への補償や防疫措置などの予算として8450万ドル(約100億円)を用意していたが、トム・ビルザック農務長官の要請などで、連邦政府が3億3000万ドル(約389億円)の緊急資金の使用を認めた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。