最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月23日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


全農の卵殻強化資材『新エスク』が好評 破卵や格外卵の発生率を低減 弱くなった卵殻に抜群の即効性 採卵鶏・種鶏の試験結果まとまる

2015.04.15発行
 全農(東京都千代田区大手町1−3−1)は昨年4月1日から、配合飼料に添加することで効果を発揮する卵殻強化資材『新エスク』を全国発売したが、このほど実際に採卵鶏農場や種鶏場で使用した実績を公表した。
 全農では、長年の研究から、@同じ日齢の鶏でも卵殻の強い鶏と弱い鶏がいて、弱い鶏が産む卵は破卵につながりやすいと考えられるA卵殻は腸で吸収されたカルシウムをもとに卵管(子宮部)で作られるが、このカルシウムを動かす役割を果たしているのが、たんぱく質の“カルビンジン”で、卵管のカルビンジンの働きを強くすれば、カルシウムの利用が促進され、弱い鶏の卵殻も強くなる――ことなどを突き止めた。
 『新エスク』は、鶏の腸内環境の改善とミネラル吸収の促進効果を持つ“生菌剤・有機酸”と、カルシウムの利用を促進させる発酵ビタミンDを組み合わせて、カルビンジンの発現を増やす効果を発揮させた“卵殻強化資材”で、使用方法は配合飼料1トン当たり2キログラム(0.2%)を混合(添加)して産卵中の鶏に与える。
 全農によると、@400日齢を超えた老齢鶏A強制換羽後の破卵が高い鶏B卵殻強度が下がり、平均で3キログラムに近づいた鶏C格外卵の発生率が農場で10%を超えた鶏D夏場に卵殻強度が下がった鶏――などで、破卵が増えてから使うと効果が高いとしている。

採卵鶏農場での試験結果

 A農場の約600日齢の採卵鶏に、新エスクを投与した結果では、図1のように2週間後には卵殻強度が改善されており、効果が早く現われることが分かった。
 図2は、すべての鶏が産んだ卵のうち、卵殻強度が2.5キログラム未満の、いわゆる卵殻の弱い卵の割合を示したもので、これに新エスクを給与すると、卵殻の弱い卵の割合が少なくなることが分かる。試験前後の農場でのヒビ卵発生率は、無添加区が4.6%→5.0%と0.4ポイント増加しているのに対し、新エスク添加区は5.0%→4.8%と0.2ポイント減少しており、添加区のヒビ卵が差し引き0.6ポイント少なくなった。試験した関係者によると「改善の幅はわずかにみえるが、これは農場での管理がよく、ヒビ卵の発生が抑えられているためと考えられた」としている。
 B農場は、強制換羽の前後に継続して試験したもので、図3に示すように、新エスク給与4週後に卵殻強度が改善されている。また、図4に示すように、新エスク給与2〜4週後に卵殻の弱い鶏が少なくなっている。ただ、強制換羽後は、全体の卵殻強度が高まっているため、効果は明確になっていない。
 この農場も、管理がよく、ヒビ卵は少なかったが、ヒビ卵の発生率を調べると、無添加区は4.3%→4.2%と0.1ポイントの減少に対し、新エスク添加区は4.9%→4.1%と0.8ポイントの減少となり、添加区のヒビ卵が差し引き0.7ポイント少なくなった。
 C農場で、新エスク給与後の格外卵発生率を調べたのが図5である。無添加では格外卵発生率が増えていくのに対し、新エスクを添加すると、やや減る傾向となり、新エスクが格外卵を減らす傾向が示された。

種鶏場での試験結果

 レイヤー種鶏農場で、480日齢の種鶏に新エスクを給与し、2週後の種卵の卵殻質をみたところ、図6の卵殻強度と、図7の卵殻が弱い卵の割合がやや改善された。ここでは、ふ化に適さない格外卵のみを検査したため、必ずしも全体の傾向を表しているわけではないが、新エスク給与により、卵殻質は若干改善される傾向がみられた。
 ブロイラー種鶏農場でも、約220日齢の若い鶏で試験したところ、図8に示すように、新エスクを給与して3週で卵殻強度が改善され、卵殻の弱い卵の割合も減少(図9)し、その後13週間にわたる新エスクの添加により、卵殻質は徐々に改善される傾向を示した。
    ◇
 全農では、10万羽規模の採卵鶏農場で、破卵率を1%減らせば、年間で約200万円の収支改善が見込まれるとの試算もあることから、採卵鶏農場や種鶏場での破卵率の減少や格外卵の低減に、新エスクの利用を勧めている。また、ヒビ卵が少ない時期から使用しなくとも、ヒビ卵が増えてから使えば十分に効果があり、ひび卵発生率の改善幅を大きくできるとのこと。農場で添加するだけでなく、あらかじめ各地のくみあい配合飼料工場で混ぜる方法があるため、JAグループの農協、経済連、くみあい飼料の営業担当者に相談してほしいとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。