最新!  鶏卵・鶏肉関連機器が多数出展 FOOMA JAPAN(ニュース-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月30日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


地域の代表作品 続々決定! たまごニコニコ料理甲子園

2015.04.15発行
 “創作たまご料理”のアイデアを全国から募り、6月11日にIPPS(国際養鶏養豚総合展)会場で決勝大会が行なわれる『たまごニコニコ料理甲子園』(主催・〈一社〉日本卵業協会)の地域代表作品が、各地で続々と決まっている。
 作品募集は2月28日で締め切り、応募総数は666件となった。各地域の鶏卵業界関係者は、各都道府県の代表作品を3月ごろに決定。そこからさらに絞り込まれ、決勝大会に出場する全国6地区の“エリア代表作品”は、4月中に出揃う見通しだ。
 都道府県代表選考会のうち、東京都の選考会は3月31日に行ない、都内在住の主婦が考案した、春巻きの皮で卵と鶏ひき肉を包んだアイデア料理『ぱりふわとろ〜り親子包み』が都代表作品に選ばれた。関東エリアの代表選考会も4月10日に実施した。
 三重県代表の選考会は3月21日に開き、“高校生レストラン”で知られる県立相可高等学校の福井麻琴さんの作品が選ばれた。東海・北陸エリアの代表選考会は4月18日に開催の予定。
 中四国では各県代表の10作品が出揃ったため、決勝大会に進む作品を決める「エリア代表選考会」を3月27日に開き、チーム「坂出第一高等学校」が考案した『オリーブと香草風味のミートパイ〜スコッチ風〜』が優勝。決勝大会が開かれるポートメッセなごやへの切符を手にした。完成度は非常に高いとのことで、エリア代表審査員を務めた中四国各県の鶏卵関係者は「本気で優勝を狙える作品」と自信を深めている。
 北海道・東北エリアや近畿エリア、九州エリアでも、6月の決勝大会に向けて選考が進行中だ。
 【3月27日に開かれた中四国エリア代表の選考会】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。