最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月17日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成26年の食中毒 事件数は増加、患者数は減少 病因物質別事件数の1位カンピロ、2位ノロ

2015.04.05発行
 厚生労働省は3月19日、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食中毒部会(部会長=山本茂貴東海大学海洋学部教授)を開き、平成26年の食中毒発生状況を報告した。
 26年の全国の食中毒事件数は前年比45件増の976件、患者数は1447人減の1万9355人となり、患者数は食中毒統計を開始した昭和27年以降で最も少なかった。事件数は平成10年をピークに減少傾向で推移し、患者数は13年以降、2〜4万人で推移している。
 患者数が500人以上の事例は、@浜松市(1月15日発病)=1月13日に製造された食パンからノロウイルス、患者総数1271人、摂食者総数8027人A京都市(5月1日発病)=飲食店のキーマカレーからウエルシュ菌、患者総数900人、摂食者総数1696人B長野県(7月20日発病)=仕出屋の鳥そぼろ(三色丼弁当)からぶどう球菌、患者総数741人、摂食者総数2518人C静岡市(7月27日発病)=販売店の冷やしキュウリから腸管出血性大腸菌(VT産生)、患者総数510人、摂食者総数不明――の4件。
 死者が発生した事例は、静岡県(9月5日発病)の家庭で食べた野草(イヌサフラン)の植物性自然毒による1人と、兵庫県(9月24日発病)の家庭で食べたふぐの動物性自然毒による1人の2件2人(前年1件1人)。
 病因物質が判明した事例のうち、事件数が最も多いのはカンピロバクター・ジェジュニ/コリ306件(前年比79件増)、次いでノロウイルス293件(35件減)、アニサキス79件(9件減)、植物性自然毒48件(2件減)、クドア43件(22件増)の順で、上位5病因物質で事件数全体の79%を占めた。
 患者数が最も多いのはノロウイルス1万506人(2166人減)、次いでウエルシュ菌2373人(1519人増)、カンピロバクター・ジェジュニ/コリ1893人(342人増)、ぶどう球菌1277人(623人増)、腸管出血性大腸菌(VT産生)766人(661人増)の順で、上位5病因物質で患者数全体の87%を占めた。
 サルモネラ属菌の事件数は35件(1件増)、患者者数は440人(421人減)であった。
 原因食品・食事が判明した事例のうち、事件数が最も多いのはその他453件(17件減)、次いで魚介類155件(20件増)、肉類およびその加工品83件(35件増)、複合調理食品64件(9件増)、野菜よびその加工品44件(9件減)の順で、上位5食品で全体の82%を占めた。
 患者数が最も多いのはその他9814人(4199人減)、次いで複合調理食品3395人(1071人増)、肉類およびその加工品1567人(1209人増)、穀類およびその加工品1350人(1092人増)、魚介類1134人(327人増)の順で、上位5食品で患者数全体の89%を占めた。
 卵類およびその加工品の事件数は8件(6件増)、患者数は95人(28人減)であった。
 原因施設が判明した事例のうち、事件数が最も多いのは飲食店590件(41件増)、次いで家庭79件(8件増)、旅館48件(1件増)、事業場37件(7件減)、仕出屋35件(2件減)の順で、上位5施設で事件数全体の81%を占めた。
 患者数が最も多いのは飲食店1万264人(724人減)、次いで仕出屋2348人(641人減)、旅館2308人(77人減)、製造所1467人(1073人増)、事業場903人(760人減)の順で、上位5施設で患者数全体の89%を占めた。
 都道府県別の事件数は東京都103件(16件増)、広島県95件(24件増)、神奈川県93件(44件増)、患者数は静岡県2465人(1565人増)、長野県1510人(807人増)、神奈川県1177人(201人増)の順に多かった。
 月別では、1月が事件数114件(23件増)、患者数4921人(2868人増)で最も多かった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。