最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月28日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「たまご券」が省エネ住宅ポイントの交換商品に

2015.03.05発行
 全国たまご商業協同組合(飯塚信夫理事長―東京都中央区新川2−6−16)は、このほど国土交通省が実施する「省エネ住宅ポイント」の交換対象となる商品券に、同組合発行の『たまごギフト券(百円券)』と『ヨード卵・光ギフト券(ヨード卵6個入り1パック)』が採用されたと発表した。
 国土交通省が実施する「省エネ住宅ポイント」は、住宅市場のテコ入れを狙って、省エネ性能が高い住宅の新築やリフォームに最大45万円分のポイントを与えるもので、3月10日から申請を受け付ける。
 ポイントを受けるには昨年12月27日以降に工事契約を結び、来年3月末までに着工することが条件で、来年1月15日までに申請すると、受け取ったポイントを商品券や地域の特産品などと交換できる。
 同組合発行のたまご券は、平成21年度開始の「家電エコポイント制度」、22年度開始の「住宅エコポイント制度」、25年度開始の「木材利用ポイント制度」で連続して交換対象商品となっており、今回もそれに次ぐものとなる。
 飯塚理事長は「だれからも好まれる卵への消費者の関心は高く、たまご券を引き換えできる全国の主なスーパーなどの店舗も充実している。従来のポイント制度などによって、たまご券の知名度も向上しており、組合員をはじめ関係者の協力を得て積極的に交換業務を推進していきたい」と話している。
 詳細は省エネ住宅ポイント事務局ホームページ(http://shoenejutaku-points.jp/)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。