最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


神戸物産子会社『朝びき若鶏』が但馬・高崎事業所のチキン事業買収

2015.02.15発行
 全国で業務スーパーを展開する神戸物産梶i沼田博和社長―本社・兵庫県稲美町)は1月28日、同社子会社の樺ゥびき若鶏(沼田昭二社長―群馬県高崎市、資本金600万円)が、伊藤忠飼料且q会社の樺A馬・高崎事業所の食鳥処理場と養鶏場を譲り受け、4月1日から事業を開始すると発表した。
 「六次産業『真』の製販一体」の目標を掲げる神戸物産グループは、積極的なM&Aで経営基盤の強化に取り組み、国内で19か所の食品工場を有している。今回は高品質なオリジナル商品をベストプライスで販売するために、今年1月15日に設立した子会社の朝びき若鶏が、但馬・高崎事業所の食鳥処理場と養鶏場を譲り受けることにしたもの。
 今後は伊藤忠飼料の技術指導を受けながら製販一体を推し進め、@鮮度重視のため朝早く処理し、製販一体で当日販売に努めるA店舗内でのリパックをやめ、安全な真空個食パックでチルド販売するB自社の北海道農場で育てたハーブなどを加えたこだわり飼料で健康的な鶏を育てるC新築する鶏舎では可能な限り化石燃料を使わず、クリーンエネルギーである地熱の温水を使い、冷却も地下水で補い、地球環境にやさしい運営に努めるD当日処理の骨筋の味の濃いおいしい部分を抜き出し、同じ工場内で新鮮なハム、ソーセージに加工して販売する――など、日本初の鶏肉流通の実現を目指す。
 神戸物産グループでは、子会社の潟Oリーンポートリー(岡山県鏡野町)が2012年に民事再生法を適用していた級ェ山県ブロイラーのチキン事業を引き継いでいる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。