最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


地鶏JAS規格改正案 飼育期間を75日間に短縮へ

2014.11.15発行
 (独)農林水産消費安全技術センターは10月30日、さいたま市の同センターで第2回「地鶏肉の日本農林規格(JAS規格)の確認等の原案作成委員会」(委員長=鈴木敏郎東京農業大学農学部長、委員13人)を開き、規格の改正などを検討した。
 JAS規格は制定から5年以内に、必要に応じて内容を見直すことになっている。地鶏JASの最終改正は平成22年。
 生産サイドからは、7月30日の第1回委員会に続き、徳島県農林水産部畜産課の担当者が出席して、同県産の地鶏『阿波尾鶏』の生育が早まっているデータなどを示し、現在「孵化日から80日間以上」と定められている飼育期間の短縮などを要望した。
 委員からは「地鶏の定義が当初のものから変わってしまう懸念がある」「生産サイドは非常に大変な状況にあると思っており、よりリーズナブルな生産ができるよう制度を考えるべき」など様々な意見が出され、最終的に「飼育期間は80日齢から75日齢へと5日間短縮する」方向で改正することとした。
 飼育密度基準の緩和も要望されたが、委員からは「データ不足で判断できない」との意見が多く、変更は見送った。
 「改正原案」は今年中をめどに農水省に提出し、省内で検討後、来年3月ごろに「改正案」として公表。パブリックコメントの募集を経て同5月前後に開催予定の農林物資規格調査会で承認されれば、承認から3か月程度の期間を経て告示される予定。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。