最新!  日本の総人口、6年連続で減少(ニュース-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月25日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


トウモロコシ9月生産予測 上方修正 米農務省

2014.09.25発行
 米農務省(USDA)は9月11日、世界農産物需給予測月報(WASDE)を公表し、今穀物年度(14年9月〜15年8月)の米国産トウモロコシの生産見通しを上方修正した。農家販売価格は、前月予想を35〜45セント下回る1ブッシェル3.2〜3.8ドル(前年度比21%安)に下がり、FOB価格とフレートも前年同期を下回っているが、為替は円安傾向が進んだ中で、10月以降の飼料価格の値下げ幅が注目されている。
 今年度の世界のトウモロコシ生産量は、前月予想に比べて213万トン多い9億8752万トン、消費量も202万トン多い9億7069万トン、期末在庫率は0.2ポイント増(前年度比1.6ポイント増)の19.6%に上方修正した。
 米国のトウモロコシについては、1エーカー当たり単収は前月比4.3ブッシェル増(前年度比12.9ブッシェル増)の171.7ブッシェル、生産量は前月比3億6300万ブッシェル増(前年度比4億7000万ブッシェル増)の143億9500万ブッシェル(約3億6565万トン)、輸入と在庫を合わせた総供給量は156億700万ブッシェル(約3億9643万トン)に達し、いずれも史上最高。
 国内消費量は前月比1億4500万ブッシェル増(前年度比1億8000万ブッシェル増)の118億5500万ブッシェル(約3億113万トン)、輸出量は前月比2500万ブッシェル増(前年度比1億7500万ブッシェル減)の17億5000万ブッシェル(約4445万トン)、期末在庫は前月比1億9400万ブッシェル増(前年度比8億2100万ブッシェル増)の20億200万ブッシェル(約5085万トン)で、04/05年度以降で最も多くなる。
 期末在庫率は前月比1.2ポイント増(前年度比6ポイント増)の14.7%。1ブッシェル当たり平均農家販売価格は、前月比35〜45セント安(前年度比65〜125セント安)の3.20〜3.80ドルの予想となっている。
 世界の大豆生産量は、前月予想に比べて644万トン多い3億1113万トン、輸出量は208万トン多い1億1540万トン。世界の大豆ミール生産量は94万トン多い1億9872万トン、輸出量は16万トン多い6458万トンに上方修正した。
 米国産大豆の単収は前月比1.2ブッシェル増(前年度比3.3ブッシェル増)の46.4ブッシェル、生産量は前月比9700万ブッシェル増(前年度比6億2400万ブッシェル増)の39億1300万ブッシェル(約1億649万トン)で、いずれも史上最高。
 輸出量を合わせた総消費量は前月比4200万ブッシェル増(前年度比2億400万ブッシェル増)の35億8300万ブッシェル、期末在庫は前月比4500万ブッシェル増(前年度比3億4500万ブッシェル増)の4億7500万ブッシェル(約1293万トン)、期末在庫率は前月比1.2ポイント増(前年度比9.5ポイント増)の13.3%、農家販売価格は、前月比35セント安(前年度比2〜4ドル安)の9.00〜11.00ドルの予想となっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。