最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月25日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


円安などで値下げ幅圧縮 10〜12月期配飼価格 全農発表26日予定

2014.09.25発行
 トウモロコシや大豆、小麦などの世界的な大豊作を受けた穀物価格の下落で、今年10〜12月期の配合飼料価格も値下げが確実視されているが、為替が急激に円安となったことなどの情勢の再分析のため、全農や飼料メーカーは、価格改定の発表を1週間遅らせ、26日以降にする予定。
 9月初旬のシカゴのトウモロコシ価格は1ブッシェル3.3ドル前後をつけ、さらに3.15ドル前後まで下がるとの見通しもあり、フレートの値上がりを考慮しても、配合飼料価格はトン当たり5000円近い値下げになるとの見方も出ていた。
 ただ、トウモロコシの大豊作予想でシカゴ相場が値下がりし、米国の農家の売り控えや輸送運賃の値上がりなどから、現在は3.4ドル前後での推移。加えて、円安(1ドル108円台)が急速に進み、配合飼料価格の値下げ幅は圧縮される可能性が強まっている。今年度に入り全農は4〜6月期1300円、6〜9月期800円の計2100円値上げ(全畜種総平均)したが、どの程度の値下げになるか注目される。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。