最新!  鶏卵生産者経営安定対策事業は49億円 飼料用米の交付金も継続 農水省の概算要求(トップ記事-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


積立金の大部分は繰り越し? 8月補てんはゼロ 鶏卵生産者経営安定対策事業

2014.09.15発行
 (一社)日本養鶏協会は、今年8月の鶏卵の標準取引価格が187.31円となり、補てん基準価格の187円を上回ったため、価格差補てんはないと発表した。鶏卵需給は9月に入っても引き続きタイトな状態で推移し、卵価(東京M加重)も225円まで上昇している。年内の補てんは7月の2.088円にとどまり、来年の年始相場が多少下げても、生産者積立金による補てん財源の多くは27年度に繰り越す可能性が強い(国の補助分は単年度ごとのため繰り越さない)。
 価格差補てん事業の生産者積立金の大部分と、成鶏更新・空舎延長事業のとも補償協力金が来(27)年度に繰り越される場合は、来年度の生産者積立金を、今年度の補てんによる減少分だけの積み立てにするか、卵価の下落と国の補助のバランスから多少の上乗せ積み立てとするかが焦点になるとみられる。
 26年度から始まった第2期の鶏卵生産者経営安定対策事業への加入生産者は986人(前年度比118人減で、このうち廃業は31人、倒産2人)、契約数量は192万8000トン(同5万トン減)となっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。