最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月21日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


タマゴ関連は『とろっと名人・ひらけオムレツ』など7品 キユーピーの業務用新商品

2014.08.25発行
 キユーピー(株)(三宅峰三郎社長)は8月5日、東京都調布市の仙川キユーポートで、20日発売の業務用新商品31品の試食発表会を開いた。
 タマゴ関連は7品で、すべて国産鶏卵を使用している。クローズアップ商品の『とろっと親子丼の素』『同たまごとじの素』は、ご飯さえあれば本格的な丼メニューができあがるもので、外食産業の深刻な人手不足を考慮し、誰でも簡単・スピーディに調理でき、手作り感も演出できる商材として販売する。
 洋食店などに向けて提案する『とろっと名人・ひらけオムレツ(3種のチーズ)』は、表面に切れ目を入れると半熟状のタマゴが流れ出すもの。ゴルゴンゾーラ、エメンタール、ゴーダチーズがバランス良く混ぜ込まれ、チキンライスに乗せればチーズオムライスとして販売できる。
 このほか『ふんわり天津飯の素』は醤油あん、甘酢あんの2種類を用意。高品質のブランド卵を使用した『フレンチトーストベース(エグロワイヤル)』、かつおだしを利かせた『濃縮茶碗蒸しの素(塩味ひかえめ)』も新発売した(タマゴ関連の商品はすべて要冷凍)。
 発表会には斎藤謙吾フードサービス本部長、湯川治己商品開発本部長の両執行役員らが出席。
 斎藤本部長は下期の販売施策について「お客様には引き続きモノ提案、コト提案、催事提案を通じて商品の価値を伝えていきたい」としたうえで、外食・中食市場のトレンドについて「現在の売れ筋は高付加価値の商品で、それに関連する食材の動きも良い。外食店の人手不足は大変な状態であるため、わが社としても『簡便調理』の部分をはずさないようにしながら、お客様が使いやすい安全・安心の製品を紹介していく。最終的に『キユーピーを使って良かった』と言ってもらえるような提案ができれば」などとコメント。
 湯川本部長は展開中の7次中期計画では『ユニークさの発揮と創造』を重視していると紹介し、(1)将来への布石(2)国内でのイノベーション(3)海外への本格展開(4)経営基盤の強化――に結びつく商品開発に取り組んでいると強調した。
 【『とろっと親子丼の素』で作った親子丼(上)、『とろっと名人・ひらけオムレツ』(下)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。