最新!  中嶋、佐々木、橋本氏に勲章(ニュース-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月21日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


4〜6月期の飼料基金の補てんゼロ

2014.08.15発行
 今年4〜6月期の配合飼料価格は、全国・全畜種総平均で全農が約1300円、商系が約1760円の値上げとなり、飼料基金からの補てんの有無が注目されていたが、配合飼料3基金(全農系の全国配合飼料供給安定基金、商系の全日本配合飼料価格畜産安定基金、専門農協系の全国畜産配合飼料価格安定基金)は、それぞれ7月10〜17日に、4〜6月期の補てんはゼロになると発表した。
 飼料基金の補てん制度は今年4月から変更され、異常基金の発動基準と同じ直近1年間の輸入原料価格(トウモロコシ、マイロ、大豆かす、大麦、小麦、ふすま)の変動差から補てん額を算出することになった。
 4〜6月期の平均輸入原料価格はトン当たり3万2571円で、直前1年間の基準輸入原料価格の3万4747円を下回ったため、補てんの発動はなかったもの。
 生産者の間では「値上げ時に補てん発動の有無が分からないと資金計画が大変」「輸入原料価格が前年同期を下回ったのに、配合飼料価格が史上最高値で高止まりしているのはなぜ?」などの声が出されている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。