最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月22日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


食鳥処理場は513場 平成25年食鳥流通統計

2014.06.15発行
 農林水産省が5月27日に公表した平成25年の食鳥流通統計によると、25年に食鳥を処理した処理場は513場で、前年の520場に比べ7場減少した。
 種類別(1処理場で数種類の処理を行なっている場合があるため合計は処理場数と一致しない)では、肉用若鶏が158場で1場減、その他の肉用鶏が199場で4場増、成鶏(廃鶏)が268場で5場減少した。
 年間の処理重量規模別では、100トン未満が291場(全体の56.7%)、100〜500トン未満が64場(同12.5%)、500〜1000トン未満が18場(同3.5%)、1000〜5000トン未満が53場(同10.3%)、5000〜1万トン未満が24場(同4.7%)、1万〜3万トン未満が44場(同8.6%)、3万トン以上が19場(同3.7%)となっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。