最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月30日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


原材料の国産化100%目指す 鳥貴族

2014.04.15発行
 焼き鳥チェーンの(株)鳥貴族(大倉忠司社長―本社・大阪)は4月1日、“国産国消への挑戦”と銘打って、主な食材の原産国をホームページで公開するほか、食材の原産国も見直し、将来的には原料原産地の100%国産化を目指す取り組みを始めると発表した。
 同社は全品280円均一の焼き鳥屋『鳥貴族』を、関西、中部、関東で350店舗展開している。人気メニューは、ボリュームたっぷりの焼き鳥「貴族焼」で、鶏肉はすでに100%国産だが、白ネギなどは国産と中国産を使用している。現在は84食材のうち12食材が海外産とのこと。
 原料原産地の見直しは、毎年4月と10月のメニュー改編時に合わせて行ない、100%の国産化を目指す時期は、今年10月以降に発表する。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。