最新!  成鶏めすは1.1%増の1億3610万羽 平成29年2月1日現在の畜産統計(トップ記事-2017.07.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月21日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


『長州地どり』を新発売 山口・深川養鶏農協

2014.03.25発行
 山口県長門市の深川養鶏農業協同組合(末永明典代表理事組合長)は、4月から新ブランドの地鶏肉「長州地どり」を販売する。
 肉質に優れたロードアイランドレッド種と、産肉性に富むロードサセックス種を掛け合わせ、飼育日数を80日以上、飼養密度は1平方メートル当たり10羽以下(坪当たり33羽以下)で、通常のブロイラーの約1.6倍の広さで飼育する。さらに鶏舎内に炭を設置し、鶏に突つかかせることでストレスを発散させるとともに、炭による体内浄化作用にも期待する飼育方法とした。
 飼料には抗生物質や合成抗菌剤を使わず、地元産の飼料用米や3種類のハーブを与えることで、肉の脂に含まれるリノール酸が減少するほか、肉の甘みや香りにプラスとなり、生活習慣病の予防・改善効果が期待されるオレイン酸が増加する。適度な歯ごたえの肉にはコクとまろやかさがあり、特に脂の香りと甘み、風味に優れる。
 経営企画室の松崎光政部長は「従来の長州赤どりの味の良さを、長州地どりでグレードアップさせた。発売を記念して長門、宇部、松江市のホテルで開いた試食会では、日ごろは味に厳しい料理長からも『歯ごたえが良くなり、味の深みが増したね』との賞賛をいただいた」と強調し、品質への自信をのぞかせる。
 主な販売先には銘柄鶏の『長州どり』と、トップブランドの地鶏『長州黒かしわ』の間に位置する商品として、平成26年度は毎月2万羽、年間で約25万羽の生産を見込んでいる。
 末永明典組合長は「まさに安全・安心の地鶏肉に仕上がった。一般的な地鶏よりも購入しやすい長州地どりを、ぜひ多くの方々に食べていただきたい」と話している。
 【10年後には年間70万羽の生産を目指す】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。