最新!  主要産地の出荷計画は1.0%増 平成29年度ブロイラー(ニュース-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月28日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


韓国のAI(H5N8)、715万羽を処分

2014.03.15発行
 1月に韓国・全羅北道のあひる農場で発生した高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)は、全羅南道、忠清南道、忠清北道、慶尚南道、京畿道など6道、17市・郡に拡大したが、現在は散発的な発生となっている。
 韓国政府の3月4日現在の発表では、これまでに32件のAI疑い申告があり、このうち26件で陽性が確認されたほか、発生農場周囲109農場、疫学関連7農場でも確認され、殺処分(予定分含む)されたあひるや鶏は715万羽(317戸)となっている。
 AIの感染源になったとされる野鳥は、15市・道、348件で検査が行なわれ、31件が陽性であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。