最新!  実施主体は日本養鶏協会 29年度の鶏卵生産者経営安定対策事業(トップ記事-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成26年の種鶏導入 レイヤー減少、ブロイラー増加 ひな需給はレイヤー均衡、ブロイラーに余剰感

2014.03.05発行
 (一社)日本種鶏孵卵協会(山本満祥会長)は2月20日、レイヤーとブロイラーの素ひな計画生産検討会を開いた。平成26年の種鶏導入は、レイヤー種鶏は前年に比べ減少するが、ブロイラーは増加。ひなえ付けを前年並みとすると、レイヤーひなの需給は均衡するが、ブロイラーは余剰感が出る。

 レイヤー24社(場)の孵卵場から集計した平成26年の種鶏導入計画羽数は98万3190羽で前年比7.7%減。これを基に推計した全国の種鶏導入羽数は同7・7%減の104万6000羽。
 卵殻色別の種鶏導入計画を25年実績と比較すると、羽数ベースでは白色卵系と褐色卵系が減少し、ピンク卵系は増加。全体の構成割合は白色卵系61.7%(前年58.8%)、褐色卵系27.9%(同32.0%)、ピンク卵系10.3%(同9.2%)。
 種鶏の育成率97%、供用期間308日(44週まで)、種鶏1羽当たり素ひな生産羽数100.34羽(23年度までは89.54羽)、同年間平均成生産羽数118.9羽(同106.1羽)の算定指標を基に、25年と26年の種鶏導入羽数から26年(1〜12月)の採卵用ひなの生産能力を試算すると、ふ化羽数は1億272万羽、うち素ひな出荷羽数見込みは前年比7.2%減の9553万羽の見込み。
 一方、26年のコマーシャルひなえ付けについてを『前年並み』の9552万3000羽と仮定すると、ひな需給はほぼ均衡状態が見込まれる。
 54社(場)のブロイラー孵卵場から集計した平成26年の種鶏導入計画羽数は483万8043羽で前年比1.9%増。これを基に推計した全国の種鶏導入羽数は同1.9%増の509万7000羽。
 羽色別の種鶏導入計画を25年実績と比較すると、羽数ベースでは白色羽系と有色羽系が減少し、地鶏系が減少。全体の構成割合は白色羽系97.2%(前年97.1%)、有色羽系1.6%(同1.6%)、地系鶏1.2%(同1.2%)。
 25年と26年の種鶏導入羽数から、種卵採取開始日齢180日、採取期間270日(27週齢〜64週齢)、種鶏1羽当たり141.4羽を基に、26年(1〜12月)のブロイラー用ひなの生産見込みは1.5%減の7億1710万羽、コマーシャルひなえ付けを『前年並み』の6億8619万羽と仮定すると、ひな需給はやや余剰が見込まれる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。