最新!  岩手県の食材使い復興地支援を支援 ローソンがオヤマやアマタケと協力(ニュース-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月26日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


『牛すき鍋』商戦沸き立つ 卵の使用量も増加

2014.02.25発行
 今冬の外食大手の売れ筋ヒット商品は『牛すき鍋』で、吉野家に続き、すき家でも販売が開始された。卵の消費の拡大にも居しているようだ。

すき家も牛すき鍋定食(卵付き)発売
 (株)ゼンショーが展開する牛丼チェーン「すき家」は2月14日から、全国の1851店舗で卵を使った新メニュー『牛すき鍋定食』を発売した。
 牛すき鍋に卵とご飯、つぼ漬けが付いて価格は税込み580円。ご飯の大盛りは無料で、特盛りは60円増し、ミニは30円引き。簡易コンロに乗せて提供し、最後までアツアツの鍋を楽しめるようにした。3月末まで販売の予定で、気温や売れ行きによっては販売期間を延長する。
 広報室の廣谷直也マネジャーは「牛ちり鍋とチーズカレー鍋も同時発売したが、3商品の中で最も売れると思われるのが牛すき鍋で、国産鶏卵の消費拡大にもつながると思う。今回の鍋メニュー発売を機に、各店舗に簡易コンロを備品導入したため、おそらく来年も鍋物を販売すると思うし、コンロを使った『卵とじ』などのメニューも提供できるようになった。そうすることで商品の豊富さ、バラエティーも広がっていくのではないか」などと話している。
 すき家では卵を使ったメニューを積極的に投入しており、1月30日には“おんたま”とオクラをご飯に乗せて食べる『まぜのっけごはん朝食』を300円で発売。12年5月から販売中の『たまごかけごはん朝食』は220円で、朝の定番メニューとして根強い人気がある。

吉野家の牛すき鍋膳は700万食突破
 (株)吉野家(本社・東京)が去る12月5日に発売した冬期メニュー『牛すき鍋膳』の販売数が、発売から2か月で700万食を突破した。広報担当者によると「牛丼など卵が付けられるメニューからのシフトはゼロではないものの、牛すき鍋膳には必ず卵が付く」ため、卵の使用量も相当量増加しているとのこと。卵のサイズは「今冬は需給が非常にタイトなため、調達に苦労しているが、基本はMサイズを使用している」としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。