最新!  「畜産クラスター」でオフラインGP新設 ホソヤ家禽研究所(特集-2017.04.06)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月28日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


韓国や中国でのAI発生拡大

2014.02.05発行
 【韓国】全羅北道高廠(コチャン)郡一帯で1月17日に渡り鳥(トモエガモ)の死体から確認され、さらに、あひる農場でも発生が確認された韓国の高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)は、その後、隣接する忠清南道扶余(プヨ)郡、全羅南道海南(ヘナム)郡にも拡大し、28日現在の発生農場や周辺農場を対象とした殺処分羽数(予定を含む)は、あひると鶏で208万2000羽(70戸)となっている。
 韓国の農林畜産食品部は27日に、感染の拡大を防ぐため、忠清北道、忠清南道、京畿道、大田広域市、世宗特別自治市などで家きんなどの一時的な移動禁止命令を出し、家きん農場や畜産施設、周辺道路、渡り鳥の飛来地などの一斉消毒を実施した。また、28日に開いた疫学調査委員会では、今回のAIは渡り鳥から侵入したと推定し、防疫対策の徹底を要請した。
 【中国】昨年5月以降、チベット自治区ニンティ地区や広西チワン族自治区桂林市、湖南省長沙市、重慶市などの家きんでH5N1亜型のAI発生が続き、今年1月には湖北省黄石市でも確認された。また昨年12月に河北省保定市で発生したH5N2亜型のAIは、1月に山東省青島市でも確認されている。
 昨年、人に感染して大きな問題になったH7N9型AIウイルスの感染者も、今年は香港を含めすでに100人以上、死者は20人以上に達し、広東省や福建省では家きんも感染している。
 中国や韓国では、31日の旧正月前後に人の移動が激しくなるため、両国での感染の広がりだけでなく、旅行者によるわが国へのウイルスの持ち込みが心配されている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。