最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月21日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


野生カルガモのAIは陰性 北海道・帯広市

2013.11.25発行
 北海道・環境局生物多様性保全課と道立総合研究機構環境科学研究センターは11月11日、5日に帯広市で捕獲し、鳥インフルエンザ簡易検査で陽性反応が確認された野生のカルガモを北海道大学で確定検査を行なったところ、高病原性、低病原性のいずれのAIウイルス検出できなかったと発表した。
 簡易検査の陽性反応については、今年の宮崎県の鶏のケースでも最終的にウイルスが検出されなかった。混乱を招かないためにも、丁寧な検査と発表の仕方が求められるといえる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。