最新!  日本の総人口、6年連続で減少(ニュース-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月27日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


宮崎のAI監視プログラム終了 ウイルス確認されず

2013.09.15発行
 宮崎県は9月3日、高病原性鳥インフルエンザおよび低病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針に基づいて実施していた農場監視プログラムを終了した。これまでの検査で、すべて陰性であることが確認されたためで、事実上の安全宣言。
 農場監視プログラムの適用は、県が5月20日に実施したモニタリング検査で、川南町の養鶏農場からH5亜型鳥インフルエンザの抗原に反応する抗体が発見されたため。
 県は6月5日に4鶏舎にモニター家きん120羽を配置し、14日後、28日後、その後は原則として28日ごとに臨床検査、血清抗体検査、ウイルス分離検査を実施してきた。これまでの検査結果はすべて陰性で、8月27日の検査結果が明らかとなった9月2日に、国と協議して、農場監視プログラムを中止することにしたもの。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。