最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


たまごニコニコ大作戦(3) 東北と中国・四国でイベント

2013.08.25発行
 「たまごニコニコ大作戦2013〜日本縦断チャリリレー〜」のイベントが、中四国と東北の各県で元気に催されている。
 南ルートは8月3日に、高知県吾川郡いの町の温泉施設を併設した道の駅「木の香」(愛媛県との県境近くにあり、愛媛会場として開催)、4日に佐賀市の観光牧場「どんぐり村」と、山口市の道の駅「仁保の郷」、5日に高知市のスーパー「サンシャイン針木店」、10日に徳島県のフジグラン徳島北島店、10、11の両日に広島県の観光農園「世羅高原農場」でイベントを開催。
 北ルートは8月8、9の両日に、仙台市の五橋公園で開かれた「五橋公園グリーンフェスティバル」(イツフェス)に合わせて、県内養鶏家の有志らが、「たまこん」(煮卵2個と玉こんにゃくの串刺し)や特製の卵焼き、参加メンバーの農場直送の卵などを販売し、宮城県産の卵の魅力をアピールした。

 12日にはJA全農福島の農作物直売所「愛情館」で、タマリエ検定のほか、会津地鶏の炭火焼きや、ひよことのふれあいコーナー、卵つかみ取りなどのイベントを実施したほか、タスキリレーのルート上にあるスーパーの店頭や道の駅などで、県産卵の試供品やパンフレットを配布し、地元産の卵の消費拡大に積極的に努めた。
 山口会場の道の駅「仁保の郷」は、(株)秋川牧園本社から車で約5分の距離。多くの消費者が訪れて、盛りだくさんのイベントを楽しみながら、卵の正しい知識を学んだ。
 卵の消費拡大への思いが詰め込まれたタスキも、業界有志の手から手へと引き継がれ、8月下旬現在、南ルートの太平洋側は四国4県のトリを飾る香川県、日本海側は山陰地方の島根県から鳥取県へ、北ルートの太平洋側は東北を抜けて北関東へ、日本海側も山形県から新潟、北陸へとリレーされている。

写真左列(1)=愛媛会場となった道の駅「木の香」では“タマリエ検定満点で卵を進呈”のイベントが大盛況に
写真左列(2)=愛媛会場を盛り上げた皆さん。たまご詰め放題なども実施し、地元産の卵の魅力をPRした
写真左列(3)=高知県では、ゆで卵早むき競争や、たまご抽選会などを実施し、地元メディアも取材に
写真左列(4)=ひよことのふれあいコーナーや、タマリエ検定なども運営した高知会場の皆さん
写真左列(5)=徳島県では同県養鶏協会の主催で、タマリエ検定や卵のプレゼントなどを行なった

写真中列(1)=佐賀県の会場では、多くの主婦らが卵と一緒に、卵の正しい知識を持ち帰った
写真中列(2)=佐賀会場を運営した皆さん。卵のつかみ取りやタマリエ検定、ゆで卵早むき競争なども催した
写真中列(3)=山口県では、ゆで卵の早むき競争のほか、たまご○×クイズ、タマリエ検定などを実施
写真中列(4)=山口会場を盛り上げた皆さん。運営メンバーもお客さんも笑顔の絶えないイベントとなった。
写真中列(5)=ひまわり満開の広島会場では、タマリエ検定のラリーなどを実施。多くの観光客らが参加した

写真右列(1)=宮城会場を運営した、若手養鶏家の有志でつくる若鶏会の皆さん
写真右列(2)=タスキは白石城址前で、宮城県から福島県へ。両県の有志は、たまニコ!のサインで記念撮影
写真右列(3)=卵のつかみ取りなど、盛りだくさんのイベントを実施した福島会場
写真右列(4)=福島会場をパワフルかつ、にぎやかに運営した有志の皆さん
写真右列(5)=日卵協の羽井会長も自転車に乗り、メディアの取材にも応じて、卵の魅力のPRに努めた



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。