最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月23日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


宮崎県のAI監視 検査結果はすべて陰性

2013.06.25発行
 宮崎県は6月11日、5月20日に県が実施したモニタリング検査で、H5亜型鳥インフルエンザの抗原に反応する抗体が発見され、監視プログラムが適用されていた川南町の約2万羽の養鶏場について、6月5日からのモニター家きん検査前に実施した血清抗体検査、ウイルス分離検査は、すべて陰性であったと発表した。当該農場と疫学的に関連があると確認された7農場や、半径5キロメートル以内の区域にある周辺60農場のうち、空舎農場を除く34農場の血清抗体検査、ウイルス分離検査もすべて陰性であった。
 今回のケースは、県のモニター検査で抗体が確認されたものの、遺伝子検査などでは陰性であったため「鳥インフルエンザの発生」とはせず、防疫指針に基づく監視プログラムを適用したもの。
 これまで生きた家きんや卵の移動は制限されているほか、発症を示す臨床症状もなく、今後も発生を示す結果は出てこないものとみられるが、監視プログラム農場のモニター鶏の検査は4週間続けられる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。