最新!  平成28年の鶏卵生産量は1.6%増の256万トン(トップ記事-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月27日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


処理禁止の1位は削痩・発育不良 平成23年度の食鳥検査

2013.03.25発行
 厚生労働省が公表した平成23年度の食鳥検査羽数(大規模食鳥処理場158場分、確報)によると、検査羽数の合計は前年度比0.7%増の7億1824万8236羽であった。
 このうち、ブロイラーは2.1%増の6億4039万5125羽、成鶏は6.3%減の7745万5097羽、あひるは30.0%増の39万8008羽、七面鳥は6羽(前年度は0羽)であった。
 ブロイラーの検査羽数の上位県は、(1)鹿児島県1億2633万6659羽(全体の19.7%)(2)宮崎県1億2587万1270羽(同19.7%)(3)岩手県9700万7759羽(同15.1%)(4)青森県4276万8964羽(同6.7%)(5)北海道3328万7237羽(同5.2%)――の順。
 ブロイラーの食鳥検査による処理禁止は前年度比12.2%減の312万7023羽、全部廃棄は6.3%減の530万7975羽、一部廃棄は8.3%減の1721万2449羽。
 ブロイラーの処理禁止の要因は「削痩および発育不良」が64.4%を占めて最も多く、次いで「変性」11.3%、「腹水症」11.3%、「炎症」6.2%、「放血不良」4.0%。全部廃棄では「大腸菌症」が47.4%を占めて最も多く、次いで「腹水症」13.2%、「炎症」12.4%、「削痩および発育不良」10.1%、「変性」9.2%。一部廃棄では「炎症」が86.4%を占め、次いで「出血」6.7%、「変性」5.6%であった。
 成鶏の検査羽数の上位県は、(1)茨城県1789万4312羽(全体の23.1%)(2)鹿児島県1292万2497羽(同16.7%)(3)愛知県739万9013羽(同9.6%)(4)群馬県512万5485羽(同6.6%)(5)青森県509万227羽(同6.6%)――の順。
 成鶏の食鳥検査による処理禁止は前年度比19.6%減の68万2578羽、全部廃棄は0.3%増の54万3306羽、一部廃棄は9.3%減の40万4956羽。
 成鶏の処理禁止の要因は「削痩および発育不良」が34.9%を占めて最も多く、次いで「腹水症」20.3%、「炎症」12.6%、「外傷」11.7%、「放血不良」10.9%。全部廃棄では「腫瘍」が33.7%を占めて最も多く、次いで「炎症」24.5%、「削痩および発育不良」11.6%、「腹水症」9.7%、「その他(その他の疾病)」5.5%。一部廃棄では「炎症」が38.3%を占め、次いで「出血」28.5%、「腫瘍」10.6%、「その他(その他の疾病)」6.9%、「変性」6.8%であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。