最新!  岩手県の食材使い復興地支援を支援 ローソンがオヤマやアマタケと協力(ニュース-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月26日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


スーパーなどの小売りは減少、外食は2年ぶりに微増 平成24年の売上高

2013.02.05発行
 昨年の量販店や食品スーパー、コンビニの売上高もいずれも前年を下回った。外食の売上高については1.6%増で2年ぶりに前年を上回った。

年間売上高は1.9%減 日本チェーンストア協会

 日本チェーンストア協会が1月22日に公表した全国大手スーパーの平成24年12月の売上高(会員企業57社、店舗数7895店)は、前年同月に比べ1.5%減の1兆2662億4369万円となり、10か月連続で前年を下回った。
 食品全体では鍋物商材の動きが良く、畜産品では和牛、国産牛が好調。鶏肉と豚肉は動きはあるものの苦戦し、鶏卵、ハム・ソーセージの動きは鈍かった。
 食料品の売上高は1.1%減の7601億8357万円。このうち畜産品は1.2%減の857億9775万円、総菜は1.6%減の836億2309万円、その他食品は0.8%減の4165億4378万円。
 この結果、平成24年の年間売上高は12兆5340億4600万円で、前年に比べ1.9%減少した。1月は日本海側を中心とした大雪など、天候不順の影響から苦戦し、6月には異例の台風上陸や、各地での大雨によって夏物商品の動きが鈍かった。11月は野菜の相場安など食品全般が不調で、年間を通じてマイナス要因が多かったことから、16年連続の前年割れとなった。食料品の年間売上高は2.0%減の7兆7454億4698万円。このうち畜産品は3.3%減の8375億1109万円、総菜は0.6%減の8407億4811万円、その他食品は2.1%減の4兆2831億1833万円であった。

年間売上高は1.6%減 スーパー3団体

 オール日本スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、(一社)新日本スーパーマーケット協会の3団体が1月22日に公表した平成24年12月の総売上高(回答310社、7358店舗)は、前年同月に比べ1.3%減(既存店ベース)の9435億6651万円であった。
 食品合計の売上高は1.2%減の8128億7566万円、このうち畜産品は0.8%減の976億3298万円、総菜は1.3%減の848億4015万円、日配は0.9%減の1676億2717万円。
 この結果、平成24年の年間総売上高は前年比1.6%減の9兆6405億8528万円となった。食品合計の年間売上高は1.6%減の8兆4749億2359万円、このうち畜産品は2.5%減の9851億4609万円、総菜は0.4%減の8720億2830万円、日配は1.9%減の1兆8035億5328万円となった。

コンビニの年間売上高は約8兆2000億円

 (一社)日本フランチャイズチェーン協会が1月21日に公表した全国コンビニエンスストアの12月の売上高(既存店ベース)は、前年同月比2.0%減の7248億7400万円で、7か月連続で前年を下回った。来客数は1.6%減の11億4671万1000人、平均客単価は0.4%減の632.1円。全国的に気温の低い日が続き、降水量や積雪量が多かったことも影響した。全店ベースでの日配食品の売上高は6.6%増、加工食品は2.8%増であった。
 この結果、平成24年の年間売上高は前年比0.3%減の8兆2233億円、年間平均客単価は0.2%増の600円となった。

外食の年間売上高は2年ぶりに増加 フードサービス協会

 (社)日本フードサービス協会が1月25日に公表した平成24年12月の外食売上高(新規店を含む全店ベース)は、各地で寒さが厳しかったことや、冬のボーナス減少などが響き、前年同月比1.0%減となった。
 業態によっては衆院選の影響を受け、従来は伸びていた年末の外食消費が足踏み状態に。新商品のプロモーションやクリスマス・年末キャンペーンなどにより外食全体の客数は0.7%増と前年を上回ったが、客単価は1.7%減となった。
 業態別の売上高は、ファストフード2.9%減、ファミリーレストラン2.9%増、パブ・居酒屋5.1%減、ディナーレストラン1.2%増、喫茶0.1%増、その他6.0%増。
 この結果、平成24年の年間売上高は前年比1.6%増で、2年ぶりに前年を上回った。年間の客数は2.3%増、年間平均客単価は0.7%減。業態別の売上高では、4年連続で減少したパブ・居酒屋(0.5%減)以外は前年を上回り、ファストフード(1.1%増)は2年ぶり、ファミリーレストラン(2.7%増)は7年ぶり、ディナーレストラン(5.3%増)は5年ぶり、喫茶(2.2%増)とその他(3.7%増)は4年ぶりに増加した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。